AirPods Proの便利機能を有効活用できる!3つの便利な使い方とは?

AirPods Proの便利機能をもっと有効に使いたい

せっかく高価なAirPods Proを手に入れたなら、もっと有効活用したいと考えるのは自然ですよね。

そこで毎日6時間以上AirPods Proを装着して活用している筆者が、実践的で便利な使い方をご紹介します。

そのため、次の人には参考になる内容になっているはずです。

  • 忙しい時間を有効活用して動画を見たり、Podcastを聴きたい人
  • AirPods Proでノイズキャンセリングして音楽しか聴いていない人
  • AirPods Proをオンライン会議専用で使っている人

ぜひ皆様のお役に立てれば幸いです。

結論はこちら

.

片耳のAirPods Proで便利に隙間時間を活用できる

AirPods Proの特徴として、片耳ずつiPhoneとペアリングできる点が挙げられます。

例えば、片方のイヤホンだけ取り出してiPhoneを開くと、次のように接続表示されます。

iOS/iPadOSにAirPods Proのイヤホンを接続すると片耳ずつ接続されます。便利ー!

また、ケースと片耳ずつのイヤホンがバッテリー表示されたりもしますよね。

AirPods/AirPods ProがiOS/iPadOSのバッテリー表示は細かくパーツ毎に分かります。便利すぎる!!
iOS/iPadOSのバッテリーウィジェット

この仕組みを上手く使えば、利用場面に合わせた利用ができますね。

育児しながらYouTube

YouTubeだってラジオ的に聞いて問題無いチャンネルなんかもけっこう有りますよね。

そういったチャンネルは片耳AirPodsに向いています。例えば次のチャンネルです。

撮るに足らないこと ギュイーントクガワの生放送
毎週土曜と日曜のあいだは、【撮るに足らないこと】。 今週も無駄に過ごした一週間を振り返り、取るに足らない雑談に花を咲かせましょう。 お相手は、しがない動画クリエイター、ギュイーントクガワです。 よろしくおねがいします。 YouTubeチャンネル「gyueenの動チェク!()」から派生した生放送専用のチャンネルです。 ...

ギュイーンさんの生放送はラジオ的ですよね。

こんな感じで生放送のアーカイブはながら聞きに向いてます。

あとは下記のチャラチャンラジオとかね。

Charan Po Rantan official
唄とアコーディオンの姉妹ユニット チャラン・ポ・ランタン のオフィシャルYouTubeチャンネルだヨ Charan-Po-Rantan is a sister duo that has an "exuberant, alternative-cabaret-meets-circus vibe" as describ...

こういう生放送のアーカイブやラジオ的な放送に利用してみると良いでしょう。

家事をしながらPodcast

Podcastやradikoといったインターネット音声メディアの利用にも、片耳AirPodsは便利です。

ちなみに、Podcastではよく下記を聞いていますね。

エラー - NHK
backspace.fm最新エピソード
一週間分のテック系ニュースをお届けするポッドキャストです。
‎Apple Podcast内のバイリンガルニュース (Bilingual News)
‎教育 · 2022年

いつでもClubhouse

2020年2月ごろから急速に流行が進んでいる音声SNS「Clubhouse」。

このサービス(アプリ)を手軽かつ高音質で利用する上で、AirPods Proは手放せません。

ご飯を食べながら聞いたり、家事をしながら聞いたりするには片耳だけAirPodsイヤホンという使い方はとても便利です。

この使い方については下記の記事で紹介していますので、もっと詳しく知りたい方はご覧ください。

AirPods ProとSiriで最高に便利なハンズフリー

活用できている人が多くはないようなんですが、AirPods/AirPods Pro経由でSiriへ命令を出せます。

これも慣れると、かなり便利です。

iPhoneを探したり、Apple Watchを口元に近づけることなく、Siriを扱うことができるのですから。

例えば、次のような使い方が出来ます。

いつでもSiriとタイマーでポモドーロ・テクニック

仕事を効率的に実行するために、「ポモドーロ・テクニック」を日常的に活用しています。

ポモドーロ テクニックとは
ポモドーロ テクニックは作業時間の管理に役立つため、実践すると効率的に仕事ができるようになります。ポモドーロ メソッドで賢く働く方法をチェックしましょう。

これは様々なアプリが提供されていますが、Siriで簡単に実現できます。

友

ヘイ Siri、25分経ったら教えて

(25分後)

友

ヘイ Siri、5分経ったら教えて

(5分後)

友

ヘイ Siri、25分経ったら教えて

(以下、繰り返し)

これだけでポモドーロ・テクニックが実現できます。簡単ですよね。

もちろん下記の専用アプリを使うとなお良いですね。

‎Focus - 仕事効率化タイマー
‎Focusをご紹介します。iPhone、iPad、Apple Watch、およびMac対応の時間管理のためのベストApp、それがFocusです。 Focusは1度に1つのタスクに集中し、効率の高い作業セッションで、より多くの仕事を完了するための最もエレガントでプロフェショナルな方法です。 “ 純粋に人をより生産...

こちらのようにSiriショートカットを割り当てて利用できれば、もう完璧です!

FocusならSiriショートカットでポモドーロ・テクニックがコントロールできて、非常に便利です。

効率的な仕事をしてみたい人は、ぜひお試しくださいね。

歩きながらLINE送信

移動中にLINEやSMSを送信したくなることがありますよね。

そんな時には、AirPods Pro経由でSiriに次のようにお願いします。

利用者
利用者

ヘイ Siri、LINEで○○にメッセージ送って

Siri
Siri

内容はどうしますか?

利用者
利用者

「帰りが遅くなります。ごめんなさい。」

Siri
Siri

ラインでの○○へのメッセージは次の通りです。
「帰りが遅くなります。ごめんなさい。」
送信しますか?

利用者
利用者

はい

ここまで僅か20秒

スマホを取り出してロック外している間に終わります。

この操作に慣れると、もう便利でしか有りません!

ぜひ身につけましょう。

AirPodsとSiriで家電操作

次のアプリと対応するコントローラを使えば、Siri経由で家電を操作できます。

スマートホームアプリ | スマートホーム IoT LinkJapan
リンクジャパン eRemote 5 スマートリモコン 学習リモコン スマートホーム スマート家電 IOT 対応端末【 Alexa Googlehome EchoDot Nesthub homelink アレクサ グーグルホーム エコードット ネストハブ ホームリンク 】 Linkjapan
LinkJapan
¥5,800(2022/05/19 12:55時点)
【eRemote5とは】eRemoteは2014年発売以来、スマートリモコンの代表としてたくさんのご家庭に愛用され、遂に第5世代に進化しました。スマートホームデバイス出荷数30万台突破!
LinkJapan スマートプラグ ePlug 遠隔操作 WiFi スマートコンセント Alexa/GoogleHome/Siri対応 タイマー付 GPS連動機能搭載 PSE認証済
LinkJapan
¥1,656(2022/05/19 14:43時点)
【簡単設定】HomeLinkアプリを無料でダウンロードして、ご自宅のWi-Fiに接続するだけで、設定が完了です。

これらの機器とSiriを連携すると、声でエアコンやこたつといった家電を操作することが出来ます。

「Hey Siri、おはよう」でカーテン、エアコン、テレビが一斉に動く スマートホーム統合アプリ「HomeLink」がApple AIアシスタント「Siri」に対応開始 -iPhone・HomePod・Mac等からダイレクトに音声操作-
HomeLinkアプリはSiri連携に対応しています。これをキチンと設定するとAirPods Proで家電を制御できて、メチャクチャ便利です。

例えば、こんな感じです。

利用者
利用者

へい Siri、エアコンつけて

Siri
Siri

はい、HomeLinkで送信します。ピッ!(エアコンが起動した音)

AirPods Proイヤホンを付けてさえいれば、スマートスピーカーに話しかけるより簡単です。

そんなわけで、覚えるのが大変なくらい登録して使いこなしています。

HomeLinkアプリでのSiri連携を沢山設定して活用しましょう。言い回しのバリエーションを沢山設定すれば、AirPods Proで家電をより便利に活用できます。

めちゃくちゃ便利さを感じられる使い方の1つですね。

ちなみに、色んな言い回しで設定しておくと、気分で言い方を変えたときにも対応できるようになって素敵です。「エアコンをつけて」「エアコンをオンにして」という感じです。

外部音取り込みモードの便利さでAirPods Proを24時間使いたくなる

AirPods Proの特徴の1つとして、外部音取り込みモードの品質が高いことです。

このモードを有効にした状態で、ほぼ常時身につけていたりします。(充電中は除く)

AirPods Proの価値として、今やこの機能が最も重要なのでは無いかとさえ感じています。

いつでも外部音取り込みモードで過ごす

この「いつでも外部音取り込みモードで過ごす」というのは誇張ではありません。

AirPods Proの外部音取り込みモードで過ごす朝

朝起きて、まずAirPods Proイヤホンを耳に付けつつ、外部音取り込みモードを有効にします。

次に、YouTubeで毎日視聴しているチャンネルを開きつつ、子供をトイレに連れて行った後、朝食を準備して、食べさせます。

自分が朝食を食べた後、このまま服を着替え、顔を洗い、朝の支度をします。

そのままデスクトップPCを起動して、朝のオンライン会議にAirPods Proで参加します。

(以下略)

家族も慣れたもんで全く違和感ありません。

妻や子供との会話も普通にしながら、視聴したいYouTubeを消化しながら朝の準備ができます。

これぞ時間の有効の極みですよね。

片耳にするか、外部音取り込みモードにするかは気分にもよりますが、AirPods Proが無い生活が考えづらい身体になってしまっています。

オンライン会議をながら聞きする

毎日3~10時間もオンライン会議をしなければいけない生活を送っていると、必ずしも全て全力投球しなくてもよい会議も出てくるものです。

その場合、全力投球する会議はノイズキャンセリング機能で、手を抜ける会議は外部音取り込みモードで内職や休憩しながら参加することができます。

外部音取り込みモードなので、キチンと会話自体には参加できます。

このように耳や脳に緩急を付けるためにも外部音取り込みモードは役立っています。

ジョギングしながらでも安全に聞く

野外でのジョギングは、よっぽど安全な場所で無い限りはイヤホンやヘッドホンを装着して行うことは推奨されません。

しかし、AirPods Proの外部音取り込みモードなら全然問題ありません。

周囲の音は全部聞こえるので、危険はかなり低いです。(音量には注意)

後ろから来る自転車や車の音なんかは、違和感無く聞こえます。

しかもAirPods/AirPods Proのイヤホンは意外と激しい運動でも外れにくいです。

さらにAirPods Proだとオシャレですから、周囲の人にドヤもできます(笑)

ただし、バイクや自動車の運転中での外部音取り込みモードでの利用は避けましょう。

多分大丈夫だとは思いますが、両耳を塞ぐこと自体が誤解を生んだりします。

そのため、運転中はAirPods Proの片耳利用にしておきましょう。

便利なAirPods Proは有効な隙間時間を増やす最強デバイス

ここまでご紹介した通り、片耳利用・Siri・外部音取り込みモードの3つをフル活用することで、AirPods Proは最強デバイスになります。

Apple AirPods Pro ワイヤレス充電対応
Apple(アップル)
¥29,036(2022/05/18 15:27時点)
【2021年10月20日発売 「AirPods Pro Apple純正MagSafe充電ケース付き」 との違いについて】: この商品(2019年10月30日発売 「Apple AirPods Pro ワイヤレス充電対応」 )と、イヤホン本体の機能・性能は同じです。充電ケースがMagSafe充電器に対応しているかの違いとなります。 ご覧頂いている2019年モデルの充電ケースは、Qi規格のワイヤレス充電器、Lightningコネクタにのみ対応しています。 2021年10月20日発売モデルは、充電ケースがMagSafe充電器、Qi規格のワイヤレス充電器、Lightningコネクタに対応しています。

ノイズキャンセリング機能ばかりが注目されがちなAirPods Proですが、実はこれらの機能を有効活用できた方が便利さをもっと感じられます。

特に3番目の使い方を上手く使うことで、個人的には一番便利さを感じるわけです。

ノイズキャンセリング = 集中力アップ

外部音取り込みモード = ながら聞き力アップ

これら2つの使い方を両立するには、廉価なイヤホンやノーマルなAirPodsでは難しいのです。

AirPods Maxをはじめとしたヘッドホンでも実現できる可能性はありますが、サイズを考えると手軽さが薄れてしまいます。片耳で使うとかはできませんしね。

もちろん、最近はApple社以外のイヤホンでもほぼ同機能を備えてはいます。

「AirPods Proより安いし、こっちで良いか」なんて思ったりなんかするところですが、一番重要な点が抜けています。

AirPods ProとiPhone/iPadの親和性は最強という事実です。

というのも、AirPods/AirPods ProをiPhoneやiPadに使う上では、Bluetoothのペアリングの柔軟さが他社製品とは群を抜いています。

一度ペアリングさえすれば利用時に操作はほぼ不要です。

他社製品だと都度接続が発生したりして、それがうまくいかない日があったりなんかして、意外にストレスを感じることが多いのです。

以上の理由から、当ブログでは自信を持ってAirPods Proをオススメしているわけです。

ただ、AirPods Proは価格がそれなりに高価です…それだけが難点。

(もちろん、こちらで紹介したように難点もいくつかあるんですけどね)

もしまだ購入していない方のために、そこで下記の記事で少しでも安価に購入する方法を調査しましたので、参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただいて、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
MiniTool Partition Wizard バナー

スポンサードリンク

この記事の執筆者
いつもの 匠

システムエンジニアの皮を被ったガジェッター。「これは便利だ!」と感じたことを、誰かにシェアせずにはいられない生物。Apple / Android / 3Dプリンタなどのガジェットが大好物。現在スマホ10台を研究中。3Dプリンタでは1年で200個出力して成果物やTipsなどをTwiter & Facebook & Instagramでそれぞれ公開。これからもITガジェットや3Dプリンタのノウハウやお得な情報を発信して、少しでも誰かのお役に立てば幸いです。(English OK)

>> 詳細なプロフィールはこちら
>> 3Dプリンタの成果物はこちら

新着記事の配信やってます。
Apple製品
いつもの匠