Apple Watch 7に買い替える価値はあるのか?

Apple Watch 6以前の旧モデルを使っていると、そろそろApple Watch 7に買い替えるべき?と悩むことでしょう?

まだ腹を決められていなくて、迷っている人がこの記事に辿り着いたはずです。

そこでこの記事では、Apple Watch Series 4を使っていた筆者が、Apple Watch Series 7に乗り換えた結果を率直にお伝えしたいと思います。

Apple Watch Series 7を検討される方のお役に立てれば幸いです。

これ以降はApple Watch Series Series 4はApple Watch 4、Apple Watch Series 7はApple Watch 7と表記しますのでご注意ください。

スポンサーリンク

Apple Watch 7とは

Apple Watch 7は、2021年に発売されたApple Watch Apple Watchシリーズの第7世代です。

この世代の主なセールスポイントは、以下の3つです。

  • 大画面化
  • 充電時間の短縮
  • ヘルスケア機能の拡充

これらの特徴が、そのまま旧世代との比較ポイントになります。

なお、今回比較対象としたのは筆者が持っているのは2018年発売の「Apple Watch Series 4」ですので3世代分の違いがあります。

スポンサーリンク

Apple Watch 7とApple Watch 4を比べてみた

手持ちのApple Watch 4から、Apple Watch 7に買い替えた場合にどうなるのか、その実態をご紹介します。

主なスペックを比べてみた

差分がある点を中心に、主なスペックを下記の表に整理しました。

仕様Apple Watch 7 Apple Watch 4
サイズ45mm / 41mm44mm / 40mm
解像度396×484ピクセル
352×430ピクセル
368×448ピクセル
324×394ピクセル
ディスプレイLTPO OLED 常時表示 Retina ディスプレイ
1,000ニトの輝度
LTPO OLED Retina ディスプレイ
1,000ニトの輝度
ストレージ32GB16GB
Wi-Fi802.11b/g/n 2.4GHz & 5GHz802.11b/g/n 2.4GHz
Bluetooth5.04.2
耐水性能WR50(水深50メートルの耐水性能)同左
防塵性能IP6Xなし
血中酸素濃度血中酸素濃度センサーなし
心拍数機能第3世代 光学式心拍センサー第2世代 光学式心拍センサー
心電図機能電気心拍センサーなし
加速度センサー最大32G (転倒検出対応)最大16G
コンパス電子コンパスを内蔵なし
騒音モニタリングありなし
Digital Crown触覚的なクリック感あり
Apple PayFelicaに対応同左
ケース素材アルミ / ステンレス / チタニウムアルミ / ステンレス
Apple Watch 7とApple Watch 4の主要仕様の比較表

こうやって比べてみると、かなり基本性能が向上していることが分かりますね。

特に、本体&画面の大きさが変わったことが最大の特徴で、使ってすぐに明らかな違いを感じられます。

以降では、この画面サイズの影響を中心に紹介します。

本体サイズを比べてみた

Apple Watch 7では、本体サイズが大きくなったのが主な特徴の1つです。

実際に測ってみると、こんな感じになります。

Apple Watch Series 7本体サイズはスペック通り大きくなりましたが、目で見てデカい!と思うほどではありません。
Apple Watch 7本体サイズ

これをApple Watch 4と比べてみると、こんな感じになります。

Apple Watch Series 7とApple Watch Series 4の本体サイズは目で見て分かるほどの差があるわけではありません。
Apple Watch 4(左)とApple Watch 7(右)の本外サイズ比較

ご覧の通りに本体サイズが大きくなっています。といっても、ごく僅かな差ですけどね。

そのため、腕に付けたときに不都合を感じるようなことはありませんし、「新モデルにすると腕からはみ出る~」なんて違いもないでしょう。

画面サイズを比べてみた

Apple Watch 7は本体サイズが大きくなって、操作画面も広くなりましたね。

どれくらいの画面サイズかは、筆者の腕に装着した様子をご覧ください。

Apple Watch Series 7 45mm NIKEモデルを腕に付けた状態。大きい文字盤と、赤いNIKEマークがかっこいいです。
Apple Watch 7 45mmを腕に付けた状態
Apple Watch Series 7のDigital Crownを押すのも、特に違和感はありませんし、指に馴染むサイズです。
Apple Watch 7 45mmのDigital Crownを押す様子

筆者の腕は平均的な大人の男性サイズで、太くも細くもありません。

その腕に付けるなら、45mmサイズのApple Watch 7が丁度良いサイズですが、特に大きくなったとは感じにくいかも知れません。

そこでApple Watch 4と比べてみます。

このように比較してみると、画面サイズが大きくなっていることを実感できるはずです。

ただ、このApple Watchの小さな画面でWebページや動画を見るわけではありませんから、「大きくなったから何か良くなるの?時計が見にくいとか思ったことないよ?」という人も居るはずです。

ところが、実際には操作しやすくなった部分がいくつかあります。

操作感を比べてみた

画面が大きくなって違うのは、全体的にボタンが押しやすくなったことです。

それを特に感じるのは次の3つのアプリですね。

電卓

ちょっと地味ですが、実は電卓アプリが使いやすくなりました。

電卓アプリが使いやすくなったのは、筆者にとっては朗報でした。かーなり利用頻度が高いので、重宝しています。
電卓アプリ

こちらは数字キーなどがたくさん並んでいるので、その恩恵が分かりやすいです。

キーが大きくなって、筆者のような男性の指でも、窮屈さを感じることはないサイズになりました。

Apple Watch Series 7の電卓入力では、指先とテンキーサイズがピッタリですから入力しやすくなっています。
Apple Watch 7の電卓入力

電卓をよく利用する人は、iPhoneに手を伸ばして開くよりも、Apple Watchに「Hey Siri, 電卓」と言うだけで使えるのは便利ですね。

電話

最近は利用機会が減っているかも知れませんが、電話アプリにも効果があります。

電話番号を入力する際には、数字キー(テンキー)の大きさが役立ちます。

ぎっしり詰まった電卓アプリのテンキーは少し迫力があります。
電話アプリのテンキー

ご覧の通り、大きくなった画面に目一杯詰め込まれたテンキーが押しやすいです。

以前はけっこう間違って押しやすいサイズだったのですが、Apple Watch 7で大きくなって押し間違わないサイズになりました。

メッセージ&LINE

Apple Watchで利用できるメッセージングアプリには、標準のメッセージアプリに加えて、LINEアプリなどがあります。

LINEやメッセージアプリは、読むだけで無く、簡単な返信ができるのが便利ですよね。よく使います。
LINEアプリ

Apple Watch 7では、これらメッセージアプリやLINEでキーボードを使えるようになりました。こんな感じです。

キーボード入力できるようになったものの、IMEが無いために日本語入力できないようです。難しいところですよね…
Apple Watchのキーボード入力

若干キーが小さく感じますが、指を近づけるとキーが大きくなる仕様ですから、十分にタップして入力することができます。

Apple Watch Series 7キーボードは、キーが小さく見えますが、指を近づけるとキーが大きくなるので、見た目以上に推しやすさを感じます。
Apple Watch 7キーボードはキーが小さくても押しやすい

ただ、英数字にしか対応していなくて、日本語に変換できないのが残念なところ…

結局は「マイク入力した方が楽だな」と感じてしまうかも知れません。

充電時間を比べてみた

Apple Watch 7のもう一つの大きな進化ポイントは、充電時間の短縮です。

Apple Watch 6からは「最大33%の充電時間短縮」がメリットとしてプッシュされています。

しかし、それ以前のモデルと比較してどうか?という情報がありません。

そこで、筆者のApple Watch 4と比較した場合にどれだけ高速化したか、実証実験をしてみました。

前提条件はこちら。

  • どちらも0%まで完全放電した後、100%まで充電完了する時間を計測する
  • 使用する充電ケーブルは、Apple Watch 7付属のUSB Type-Cコネクタの充電ケーブル
  • 65W対応のUSB Type-C向け充電器を使用した(Apple社 非純正)
  • Apple Watch 4は既に3年使用しており、バッテリーの劣化がある

これらを踏まえた実験結果がこちらです。

Apple Watch 7をフル充電する時間は、1時間17分15秒21でした。さすがに1時間はオーバーしましたね。
Apple Watch 7をフル充電するまでの時間
Apple Watch 4をフル充電する時間は、1時間54分31秒74でした。ほぼ2時間と考えて良いでしょう。
Apple Watch 4をフル充電するまでの時間
モデル所要時間 所要時間(秒)差分
Apple Watch 71:17:54.214,674秒-2,197秒
(約31%短縮)
Apple Watch 41:54:31.746,871秒
所要時間の比較表

先のApple Watch6と比較した場合の進化ポイントと相違なく、33%に近い短縮時間となりました。

つまり、最大33%の充電時間短縮は6以前のモデルでも同じと言えそうです。

実際には、だいたい1時間以内に8割くらいの充電が完了します。

お風呂やご飯を食べている間に充電するサイクルであれば、寝るときにApple Watch 7を付けて寝る人でも毎日運用していくのは難しくないでしょうね。

スポンサーリンク

旧モデルには無かったApple Watch 7の新機能は?

画面が大きくなったこと以外にも、いくつかWatch OS 8との組み合わせで使えるようになった機能があります。

充実したヘルスケア機能

Watch OS 8とApple Watch 7の組み合わせで、ヘルスケア関連のアプリが拡充されました。

まず「血中酸素ウェルネスアプリ」で、血中酸素濃度を計測できるようになりました。

ついに血中酸素濃度を計測できるようになりましたね。これがコロナ禍に入った直後だったら、馬鹿売れ間違いナシだったのに…とAppleは悔しがっていることでしょう。
血中酸素ウェルネスアプリ

また、「心電図アプリ」を使って、簡単に心電図が計測できるようにもなりました。

心電図アプリを使うと心電図が計測できるわけですが、専門家でもない素人が定期的に計測するかな…というのはありますね。
心電図アプリ

更に、センサー能力が向上したので、「心拍数計測アプリ」の計測精度が向上しました。

心拍数アプリの精度の違いは正直分かりません。しかし、Apple Watchを装着していれば、定期的に計測してくれるのは魅力です。
心拍数計測アプリ

この他にも、最大32Gで転倒検出に対応した加速度センサーなんかもありますね。

よく転倒したかのように誤検出されていましたが、それが改善されているようです。

これらヘルスケアアプリが充実したということは、より健康に気を遣いたい人高齢者持病を持つ人にとって嬉しいスマートウォッチになったといえるでしょうね。

かくいう筆者も持病を持つ者ですから、心拍数などを自動計測してくれるのは有り難いですね。

探す機能の充実

これまでApple Watchから探せるのは連携しているiPhoneくらいでした。

ところがApple Watch 7では、次のアプリで色々探せるようになりました。

「持ち物を探す」アプリでは、Apple WatchからAirTagを探すことができます。

持ち物アプリは実質AirTagを探すアプリです。自宅でなくし物をしたときにサクッと探す場合には便利かも知れませんが、場所を知るにはiPhoneで実行した方が良いです。
持ち物を探すアプリ

「人を探す」アプリでは、 Apple Watchから人を探したり、自分の位置情報を誰かに送信したりすることができます。

人を探すアプリですが、果たしてApple Watchから実行するかな?という点では少し懐疑的です。
人を探すアプリ

また、「デバイスを探す」アプリでは、同じApple IDでログインしているデバイスの位置情報を確認できたり、家族のデバイス(ファミリーデバイス)の位置情報を確認できます。

デバイスを探すアプリは重宝するアプリの1つですよね。なくし物が多い人には必須アプリと言えますからね。
デバイスを探すアプリ

また、対象となるデバイスの「紛失モード」を有効にすることもできます。

iPhoneが手元に無いときや取り出すのが面倒なときに、ぱっと使えるのが良いでしょう。

ワークアウトアプリが自転車を自動検出してくれる

ワークアウトアプリは、ランニングの自動検出に対応していました。

この機能では、ランニングをしているとApple Watchが「ワークアウト中のようですね」と、ワークアウトアプリでの計測を提案してくれるのです。

このワークアウトアプリの提案機能が進化して、自転車移動にも対応しました。

つまり、Apple Watch7のワークアウトアプリが自転車移動を察知しての計測を提案してくれるのです。

実際の画面では、このように「屋外サイクリングを記録」と提案してくれます。

ワークアウトアプリで運動管理をしたい人にとっては、提案機能の自転車(サイクリング)対応してくれたのも嬉しいですよね。少しの運動も逃さず記録したい!という感じでしょうか。
ワークアウトアプリの提案機能の自転車対応

筆者はロードバイクも乗りますし、子供の送り迎えで自転車に乗ることもあります。

ワークアウトアプリの起動を忘れていると、その都度Apple Watchが提案してくれるのです。便利ですね。

コンパスアプリ

こちらも地味なアプリですが、Apple Watch 5/SE以降ならコンパスアプリが使えます。

Apple Watchのコンパスアプリ。赤と白とグレーと黒だけのシックな配色が印象的。ただ、地味すぎるアプリですよね…
コンパスアプリ

腕時計にコンパス機能があると、携帯性が高いのが魅力ですよね。

こちらはWi-Fi やモバイルデータ通信に接続されていなくても動作します。

つまり、山登りなどアウトドアに行くときには、重宝するかも知れませんね。

本当にApple Watch 7に買い替える価値はあるのか?

ここまで述べてきたApple Watch 7の進化ポイントに加え、実際に買い替えて使い込んでみた筆者の結論はこちら。

Apple Watch 7に買い替える価値はない!

正直なところ、新品になってバッテリー持ちが良くなったこと以外は、「もうこれが無いとダメ!」と思うような魅力的な機能追加はありません。

ヘルスケア機能も、今となっては無くても困るというほどではありません。

血糖値や血圧を測ってくれるのであれば、話は変わってくるんですけどね…

とはいえ、これまで紹介した機能に魅力を感じる方には、Apple Watch 7に買い替えるのは止めません。

あと、Apple Watch 7を購入してドヤりたい人も良いでしょう。

しかし、半額で買い替えられるなら新品のApple Watch 4を選ぶというレベルです。

つまり、筆者のオススメは買い替えるならApple Watch SEです。

Apple Watch SEは、Apple Watch 4から少し機能アップしたモデルながら、価格は半額に近いスマートウォッチです。

この高いコストパフォーマンスはかなり魅力的で、Apple Watchシリーズのベストセラーになっています。

もし不都合が無いなら、ぜひApple Watch SEを選択することをオススメしますね。

ただ、ここまでは筆者の個人的な意見ですので、最後は下記の記事で価格比較してみると良いのではないでしょうか。

この記事を読んで、1人でも多くの方が「Apple Watch 7とApple Watch SEのどちらを買うか」という難問に答えを出せるようになることを願ってやみません。

最後まで読んでいただいて、誠にありがとうございました。

記事が参考になったと思ったら、記事のツイートやいいねをお願いします。

Apple Watch 7に買い替える価値はあるのか?サムネイル
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
iPhone/iPad/iOS全般IT機器・ネットワーク
新着記事の配信やってます。
スポンサーリンク
この記事に関連する記事はこちら
いつもの匠
タイトルとURLをコピーしました