実家のネットワークを守れ!帰省してメンテナンスする4つのポイント

この記事は約 4 分で読めます。

どうも、匠です。

正月とお盆の度に帰省する地方民なわけなんですが、そのたびに実家のPC&ネットワークをメンテナンスする役を担わざるを得ない我が一族のシステム管理者を担って早十数年。。。

いい加減、父に自力でやらせようと手順書を作成したので、皆様にも共有したいと思います。

スポンサーリンク

前提

両親があまりPCやスマホなどに詳しくないことを前提にします。バリバリやってしまうような両親は対象外です。

また、何かに引っかかった場合にかかる、自分の対応支援の手間を想定しながら、メンテナンスをするのがコツです。

スポンサーリンク

メンテナンス

スマートフォン/ガラケー(携帯電話)

iPhoneやAndroid携帯だけでなく、ガラケーだってやることは同じです。

バックアップ

PCがあればPCに、iPhoneならiCloud、AndroidならGoogleにバックアップ取るのも良いと思います。何はともあれ、バックアップを取りましょう。

OSアップデート

いずれもOSのアップデートを行いましょう。古いスマホやガラケーであっても、可能な限り最新にしましょう。

ちまみに、アップデートが提供されないようなスマホやガラケーについては、匠は強制的に買い換えさせることにしてます。

アプリのアップデート

こだわりが無い限りは片っ端からアップデートしましょう。セキュリティ強化になります。

アップデートによる使い勝手の変化については、キッチリとレクチャーまでしてあげ、自動アップデート機能まで有効にできると完璧です。

パソコン

恐らく十中八九、Windowsパソコンをお使いだと思います。

バックアップ

外付けハードディスクなどあれば、ということになります。無ければ買わせるのも手ですが、そこは好き好きです。ただし、自己責任で。

Windows Update

さっさと実行しましょう。ゴチャゴチャ言う前に最優先で。多少動かないアプリがあったとしても「システムの復元」機能で戻せる!と割り切ってしまうのが、匠的にはオススメです。

さらに、定期的に実行してくれるように設定しておくのも良いと思われます。

ウイルス対策ソフトのアップデート

ウイルス対策ソフトの有効期限切れはもっての外です。速攻で期限延長してもらいましょう。Windows Defender という手もありますが、感染があったときに完全に手詰まるので、感染後にも復旧サービスを提供してくれるウイルス対策ソフトをインストールして貰いましょう。

結局、大手のウイルス対策ソフトを入れておくのが無難だと考えます。ポイントは検知力ではなく、レジストリなどの復旧機能を備えていることです。リモートでは細かい操作を指示できないので、自動化された機能があればあるほど良いです。

もちろん費用との相談ですが。

よく使うアプリのアップデート

Windowsアプリ(UWPアプリ)はもちろん、IME や Acrobat Reader、Java など、主要どころのアップデートは必ず行っておきましょう。実家の両親は、リテラシーが低い会社員よりもっと素直に添付ファイルを開くので、先手を打っておくのは必然です。

迷惑メール対策

メーラーの迷惑メール対策機能が有効かは確認しておきましょう。とにかく使うのは自分じゃ無い以上、対策ソフトなど、自分が使う以上に自動化&強めの設定が必要不可欠です。

ルーター 

ルーターの初期設定の変更

けっこう初期設定のまま、特にパスワードが設定されてないなんてコトはザラですよね。速攻で変えて、セキュアにしてしまいましょう。
今どきは、インターネット側からはもちろん、ウイルスに侵入されたPCによって内側からもルータへ侵入して、スカスカにされたりなんかする時代です。キッチリやりましょう。

ファームウェアのアップデート

ルーターの脆弱性がバンバン発生して、ガンガン乗っ取りを受ける時代です。サッサとファームウェアをアップデートしておきましょう。その前に設定のエクスポートをして、復旧できるようにしておけば尚良し。

NAS

けっこう盲点になりがちなのが、家内ネットワークの機材です。匠の実家だとNAS(ネットワークハードディスク) です。

ルーターの初期設定の変更

こちらも初期設定のまま、特にパスワードが設定されてないなんてコトはザラですよね。速攻で変えて、セキュアにしてしまいましょう。
ルーターと比べると、こちらは一段落としても良いかもしれません。

ファームウェアのアップデート

こちらも脆弱性がバンバン発生して、ガンガン乗っ取りを受ける時代です。サッサとファームウェアをアップデートしておきましょう。その前に設定のエクスポートをして、復旧できるようにしておけば尚良し。

おまけ/その他の機材

今やネットワークに繋がる機材の殆どがアップデート機能を有しています。それくらい脆弱性を攻撃される問題が一般的になっていることを意味します。いずれも自動アップデートするように設定しておくことがオススメです。下記はその一例です。

  • TV
  • BDプレーヤー/HDプレーヤー
  • コンポなどオーディオ機器
  • ネットワークプリンタ etc…
スポンサーリンク

おわりに

毎回こういった作業を実家でやって半日くらい潰す度に

何やってるんだろう、俺。。。

と思うワケなんですが、実家にも貢献する一環ということで、無心で続けていこうと思うわけです。ええ、考えたら負け。。。

ITセキュリティを生業とするエンジニアという名の社畜です。妻と子供一人と共に、毎日を楽しく生きてます。このブログを通じて、ただひたすらに共有欲を発散しています。詳しいプロフィールはこちら