突然発症!視神経炎で緊急入院してみた(家族の支え)

この記事は約 3 分で読めます。

どうも、匠です。

前回以前の記事:入院前編 / 緊急入院編 / 動揺編 / 治療編

妻「歩いて病院来るの、良い運動だよ!痩せるかな?」

匠「・・・(間食するから無理)」

妻「ポケモンも捕まえられるし、成長するし、いいね!」

匠「・・・(呑気だなぁ)」

入院者は暇な生活ですが、それ以外の家族はそうはいきません。
今回はそんなお話です。

スポンサーリンク

病院通いと育児

病院内は基本的に寝巻きもしくはジャージなど家着で構わないのですが、それでも色々と物品を揃える必要があります。特に一ヶ月もいるのであれば、住むつもりで用意しないと生活が成り立ちません。。。

その上、洗濯物や郵送書類などが定期的に発生するのです。
妻なしでやれないこと間違いなし!妻様お願いっ!
(コインランドリーというのはありますが。。。)

そういう状況でありながら、子供は出入り禁止。
匠が入院子インフルエンザ匠&妻インフルエンザ の最悪コンボだけは避けなければいけません。

これは我が家の大ピンチ

こんな状況をどのように乗り切るかがポイントとなりました。
つまり、せめて面会の1〜2時間だけ我が子の面倒を見てくれる何かが必要ということです。

これが調べてみると、意外と大変なことがわかります。

スポンサーリンク

公的サービス・ベビーシッターの利用は難しい

数時間だけお任せできるサービスを探してみました。

  • 公的な一時保育サービス:1時間 600円
  • ベビーシッターサービス:1時間1500円〜(交通費別)

公的な一時保育サービスは安いんですが、空きが極端に少ないのです。これ、昨今の保育園問題の影響を確実に受けています。弱った弱った。。。

一方、ベビーシッターは利用者のニーズはあるものの、やる方の給与を考えるとこれ以上の安値は難しいそう。。。あとは公的なシッターサービス的なものもあるようですが、引き受けてくれる人がいれば、という感じみたいです。

うーん、悩ましい。。。

スポンサーリンク

総力戦

我が家はどうしたか。

田舎の両親へすぐに助けを求めました

すると、スケジュールがたまたま空いていて、新幹線で6時間かけて翌々日には来てくれましたよ。ほんとにありがたい。

これが大当たり

幸い嫁と両親の折り合いが良いのも手伝って、子供は懐いて喜ぶわ、妻の外出を安心して任せられるわ。
オマケに、暇に任せて美味しい外食三昧をしていたそうで。。。あれー?君達、お父さんいない方が楽しそうじゃない〜?(涙)

こういう幸運な状況はなかなか無いかもしれませんが、子育てにおいて親族というのは大きな支えになるのだなと強く実感したのでした。

生きてる親は大切に。

スポンサーリンク

今回の病院食

ハヤシライス

ハヤシの味が甘過ぎず、辛すぎず絶妙

金目鯛の煮付け

金目鯛の煮付けの味が優しい。ほろり。

しかし、お腹が空かないわけじゃないけど、これだけ少なくても生活が十分にできてるということは、いつも食べ過ぎなのかな。。。ちょっと考えてしまいますよ、ほんとに。

だいぶ入院生活も落ち着いてきたので、そろそろ巻き返していきたいところです。

突然発症!視神経炎で緊急入院してみた(充実した生活サイクル構築)
どうも、匠です。前回以前の記事:入院前編 / 緊急入院編 / 動揺編 / 治療編 / 家族の支え朝3時に目が覚めたり覚めなかったりする綱渡りの日々を過ごしております。人間、運動しないとこんなに寝られないんだなぁ。。。ちなみに、お...