自宅を快適にする5Gルーターが発売!
自宅を快適にする5Gルーターが発売!

暗記が苦手なイクメン ビジネスマンが”ながら時間”で簡単に英単語を覚えるたった1つの方法とは?

突然ですが、暗記が苦手です。そのため、英単語の暗記などはホントに苦手でした。

しかし、社会人になって英語をやらざるを無くなりまして、様々な方法を模索しました。特に、子供ができてからはより時間が無い中でどうしたら効率が良いか模索した1年でした。

その結果、最近では暗記が苦手でも覚えられる簡単な方法が分かってきたので、共有したいと思います。

スポンサーリンク

向いている人

下記のような人が向いていると思います。

  • 暗記が苦手な人
  • 集中するのが苦手な人
  • 時間があまり無い人

逆に、暗記が得意な人や集中力が高い人、時間がじっくり取れる人には、今回の方法はほとんど役に立たないと思います。

スポンサーリンク

準備

単語を自動で流してくれるツールや書籍を使います。匠がやってみた経験上では下記がお勧めです。

オススメの書籍(CD)

定番ですが、下記を使うのが良いようです。今ならAmazon Unlimitedでも読めます。




最初は聞くだけ覚えられるのか?とか半信半疑でしたが、今回のことを意識すると意外と覚えられるもんだなぁ、と思った次第です。よくできてます。

ただ、音源必須なので、匠はCDをiTunesで取り込んでiPhoneで聞いてます。

オススメのアプリ

もう5年くらいつかっていて非常に便利なのがこちら。

英語の本とか研修を受けたときに分からない単語を登録して覚えるのに使っています。というか、毎日使って聞いてます。

このアプリが便利で、特に下記の機能をよく使っています。

  • 自動読み上げ
  • 一括翻訳
  • ブラウジングモード(単語帳の自動再生)
  • Google Drive/Dropbox連携
    • PC/iPadで入力後にインポート

もちろんフラッシュカード、つまりは昔ながらの単語帳としても便利に使えます。フリックでガンガン進められるのも気持ちいいです。

ただ、フォントが恐らく中国語用か何かで、たまに漢字が変だと感じるのが玉にキズ。。。

スポンサーリンク

方法

ヘッドフォン


いたって単純で、下記の順番に実行します。
1 英単語→日本語の順で流し聞きを7~10回繰り返す
3 日本語→英単語の順に流し聞き(7~10回)
4 ランダムな順番で流し聞きする(7~10回)
5 これを1日1~2回×毎日(3日~1週間)行う ※通勤やジムの時間がなどがオススメ

ちなみに、数が多くても良いんですが、繰り返す時間的に30~100個くらいが適当みたいです。

以上です。簡単ですよね?

でも、最初の7周目でその効果が分かってきます。

ちなみに、ブツブツつぶやけるのであれば、より短い時間で効果を実感できるようです。逆に、意識せず流し聞きているだけだと、倍以上の時間がかかる印象です。

あと、やはり7周1セットで回すのが最低ラインのようです。それ以下では、どうも効果を感じられません。

加えて、忘却曲線の法則を考慮すると、できれば数日間は毎日やる、あるいは毎週やるのが効果的のようです。

忘却曲線 - Wikipedia

まとめ

ノリノリで聞き流す!


えぇ、たかがこれだけです!たくさん聞くだけ!

こんなもんで効果出るの?と思うと思いますが、実際に数千語覚えられています。

眉唾に感じるかもしれませんが、暗記が苦手な人は圧倒的に暗記対象に触れる回数が少ないことが原因なのだな、とつくづく感じる最近です。
特に、7回繰り返す ということが重要で、この辺に人間の暗記アルゴリズム的に何かあるんじゃないかと考えてしまいます。

暗記は質より量

この方法、学生時代に知ってたら人生変わってたなぁ。。。orz

記事が参考になったと思ったら、記事のツイートやいいねをお願いします。

ノリノリで聞き流す!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ライフハック/Tips勉強法
新着記事の配信やってます。
スポンサーリンク
この記事に関連する記事はこちら
いつもの匠
タイトルとURLをコピーしました