GoProなどアクションカメラをWebカメラ化する方法(Zoom/OBS/Skype対応、キャプチャーデバイス無し)

スポンサーリンク

GoProユーザーとしては、下記の記事を見逃せませんでしたよね。

GoProがWebカメラになるβ版ファームウェア公開
GoProは、アクションカメラの「HERO8 Black」を、Webカメラとして使えるβ版ファームウェアを発表した。HERO8 Blackにインストールし、GoPro WebcamデスクトップユーティリティをMacにインストールすることで、 ビデオ会議などでHERO8 Blackが使えるようになる。

なぜ Mac ユーザー優先なのか!?

そんなGoPro社と自分を呪った日もありました。

しかし、そんな悔しさをバネに他の方法を調査しましたので、ご紹介したいと思います。

本記事の方法は GoPro主体ですが、Osmo Action でも同じく利用できます。しかし、Insta360など他のアクションカメラでは利用できない方法が含まれている点、ご注意ください。

スポンサーリンク

GoProとは

GoProは、「アクションカメラ」と言われる分野の代表格です。

GoPro | 世界で最も万能なアクション カメラ。
GoPro 公式サイトで、世界で最も万能な 360 度/4K アクション カメラをチェック。 GoPro Hero 8 Black、GoPro Max、GoPro Hero 7 Black、Hero 7 Silver、Hero 7 White、Fusion、GoPro アクセサリー。

この記事をご覧になる方は皆ご存知だとは思いますが、群雄割拠のアクションカメラ分野で未だトップをひた走るブランドです。

その中でも、2019年末に発売された下記の GoPro を使用しています。

このGoPro HERO 8、とにかくスペックがスゴい!そこに惚れました。

以下はその凄いスペックの抜粋です。

写真
スーパーフォト + 高性能 HDR

ビデオ
4K 60fps、広角視野角

TimeWarp 2.0 ビデオ
4K 広角、リニア レンズ

タイム ラプス
4K 広角、リニア レンズ

HERO8 Black の仕様

手のひらに収まるサイズで、この高画質な写真や動画が撮影できるのは魅力的です。

もちろんミラーレス一眼のようにボケを出したり、露出などの調整をしたい場合には向かないのですが、手振れ補正を効かせて動きながら録画したい、とにかく長時間記録したい、外出して良い場面を逃したくない、なんて用途にはうってつけです。

遊園地で動きの速い子供を追いかけながら撮影したい!なんて用途には、ホント良いと思うんですよね。

スポンサーリンク

GoProはZoom/OBS/Skypeのカメラに使えないの?

GoPro はカメラデバイスですから、PCにUSB接続すればWebカメラとして利用できそうな物ですよね。しかし…

GoProはWebカメラとして標準ではできず、USBストレージとして認識されてしまう…

上記のように、GoProはUSB接続するとUSBストレージとして動作します。

そのため、Webカメラとして機能しないのが通常です。

しかし、なんとか高画質な撮影ができるWebカメラとして利用したいですよね。

できればオンライン会議やWebinerなんかに利用できると、ホント嬉しい!

スポンサーリンク

GoProをZoom/OBS/Skypeのカメラに使う方法

いくつか方法があるので、まとめてみました。

方法1. キャプチャーデバイスを利用する

タイトルにもありますが、下記のようなキャプチャーデバイスを使うのが一般的です。

Elgato Cam Link 4K [録画・配信用コンパクトHDMIキャプチャカード(日本国内正規品)] 10GAM9901
CORSAIR
¥28,980(2020/07/21 18:21時点)
世界中のコンテンツクリエイターから選ばれるElgatoブランド
Basicolor キャプチャーボード HDMI USB3.0 1080P 60FPS、Switch PS4 Xbox Wii U ウェブカメラ PS3に対応、1080P HDMI パススルー、HDCP、HD HDMIゲーム録画・HDMIビデオ録画・ライブ配信用キャプチャーデバイス、Windows 7/8/10 MacBook Linux OBS Potplayer Youtube Twitchに対応 HSV321
Basicolor
¥10,900(2020/07/21 18:21時点)
【強力な互換性】:ゲームキャプチャ321は、Mac、Windows10 / 8/7、Linuxをサポートしています, Nintendo Switch,Wii,PS4,Xbox One,カメラ,携帯電話(HUAWEI,Apple iPhone),ZOSIセキュリティカメラ,DSLR,ウェブカム,セットトップボックスなどのすべての1080P 720P hdmiデバイスと互換性があります

これらのデバイスをWindows PCのUSB端子に接続することによって、カメラからのHDMIでの入力を受け付けられるようになります。

金額が高いほど高画質(4K/HDなど)に対応でき、低遅延になります。

オンライン会議やWebinerなどリアルタイムさが重要な場面では、この辺は重要なポイントになりますので、安い中華製を買うと失敗します。特に遅延は深刻な問題。

また、これらのHDMI入力デバイスを利用する場合、GoProの種類によっては下記のようなオプションが必要になります。

こちらで GoPro からHDMI出力を可能にします。通常のUSB端子では対応できないので注意が必要です。


ここまで紹介しておきながら、この方法をとりたくないから記事を読まれていますよね。

つまり、高いコストをかけたくない!

だから、GoProをWebカメラ化したいはずですよね。

そうでないなら、そもそも高画質なWebカメラを購入する方が安上がりですから。

logicool ロジクール C930e WEBCAM ウェブカメラ C930eR
Logicool(ロジクール)
¥9,700(2020/07/21 18:30時点)
寸法:W9.4×H2.9×D2.4cm、W9.4×H4.33×D7.1cm(クリップ込み)

カメラや接続に必要なデバイスをトータルで考えたら、高品質なWebカメラを選択するのも1つの選択肢です。

しかし、我々は手持ちのGoProで安く済ませたいんです!

方法2. RTMPストリーミングを活用する

GoProは、RTMPサーバへ接続して動画配信を行う機能も備えています。

ということは、下記のように構成することが可能なはずです。

GoProでRTMPを駆使してZoom配信する構成

構成自体は、絶対にできるはずと確信がありました。

そこで、下記の記事を参考にして Nginx でRTMPサーバを構築して試してみました。

RTMP モジュールで Nginx をビデオのストリーミング・ツールとして使用する方法
この記事では、インターネットを介してウェブカメラからビデオやオーディオをストリームする際に使用される RTMP (Real Time Messaging Protocol) モジュールを使用して、Nginx をインストール、コンパイル、およびチューニングし、ビデオのストリーミング・ツールとして使用する方法を紹介します。

まずは検証として、下記の構成で試してみました。

GoProでRTMPを駆使してZoom配信する構成を検証するためのVLC閲覧

この方法は色んなパターンを試してみましたが、とにかく遅延が酷い!

やってみると分かるのですが、家庭内Wi-Fiなのに遅延が10数秒とか発生するので使い物になりません。もちろん、RTMPサーバのスペック問題かと思いましたが、そうでもないらしい…

ちなみに、下記の2パターンで試してみましたが、どちらもダメでした。

  1. GoPro -> Window PC [RTMPサーバ & VLC(RTMPクライアント)]
  2. GoPro -> Linux PC [RTMPサーバ] -> Windows [VLC(RTMPクライアント)]

VLCが悪いのかと思って、他のRTMPクライアントも試してみましたが、もっと酷くなる一方でしたね。おそらくは RTMPプロトコルもしくはRTMPサーバ内の処理(ffmpeg?)あたりがボトルネックになっている模様ですね。

GoProではないですが、同じように検証された動画が公開されています。

LiveU Solo RTMPに直接送ったら遅延はどのくらい?

あと、もし遅延少なく動作としたとしても、Zoom/Skype を使う度に毎回 Nginx と OBSをわざわざ起動して準備するのがメンドクサイ!

かといって、YouTubeやTwitchはインターネットですし、公開サービスですから経由したくないですよね。

よって、この方法は断念せざるを得ませんでした。

RTMPサーバをチューニングすれば、もう少しなんとかなりそうな気もしましたが。

方法3. GoPro2WebCamを利用する

一番安上がりで、最も確実で簡単なオススメの方法はこちらです。

Webcam Tool for Action Cameras for GoPro | GoPro2Webcam.com
Webcam Tool for Action Cameras for GoPro Hero and other cameras.

Webcam Tool for Action Cameras

低遅延のRTMPサーバ機能とカメラデバイス機能を提供してくれる、優れた有償ソフトウェアです。

このソフトウェアなら、GoPro 以外にも広く対応することができます。
回の通り、最新 GoPro Hero 8 / Max も Osmo Action もOK!

GoPro Hero 5, 6, 7
GoPro Hero 8*
GoPro Max*
GoPro Hero 5 Session
GoPro Fusion
Xiaomi Yi, Yi 4K, Yi 4K+
DJI Osmo Action
SJCam 4000 WiFi, 4000+, 5000, SJ6, SJ7, SJ8 Plus, SJ8 Pro
Akaso Brave 7 LE
RTMP server
File input (e.g. from mp4 video)
Remote video input from url

Webcam Tool for Action Cameras for GoPro | GoPro2Webcam.com

しかも、Zoom/Skypeだけでなく、OBS studio にも対応しているのが嬉しいところ。

Zoom
Skype (desktop edition)
OBS Studio
・Magix Vegas Pro 17
・VideoLAN VLC Player

Webcam Tool for Action Cameras for GoPro | GoPro2Webcam.com

Teams未対応なのが残念ですが、当方Teamsユーザーではないので無視です(笑)

遅延はどれくらい?

実際に利用している様子が分かる動画はこちら。

How to use a GoPro Hero as webcam for Zoom, Skype, etc. tutorial (Windows)

英語ですが、Step 5 の 2:50 くらいから見ると良いです。遅延の少なさが分かります。

実際に使ってみましたが、遅延は1秒あるかないかくらいです。もうこれ、絶対うちのWi-Fiがボトルネックになってるよね、くらいの諦めがつくくらい低遅延さで、感動しました。

このソフトウェアの利用手順は、上記の動画で詳しく網羅されています。いちおう日本語しか分からない方でも使えるように、下記で簡単にご紹介します。

利用手順1.Webcam Tool for Action Cameras 起動(Windows側)

アプリ「Webcam Tool for Action Cameras」を開きます。

利用手順2.Webcam Tool for Action Cameras 初期設定(Windows側)

Webcam Tool for Action Camerasのメイン画面での設定方法はこちら。

「Camera」の「Model」を選択して、「Start camera」ボタンを押下します。
このとき、「Low Latency mode」を選択しておくのがポイント。

利用手順3. RTMPサーバとしての設定(Windows側)

このアプリを起動したPCはRTMPサーバとして動作しますので、その設定を行います。

こちらはWebcam Tool for Action Camerasのストリーミング設定画面です。

「RTMP server」欄に「rtmp://{PCのIPアドレス}/live」と入力した後、「Finish setup」ボタンを押下します。

利用手順4. 接続待ち(Windows側)

こちらは「Finish setup」ボタンを押下後に表示される「Connecting to the camera..」画面です。

これでカメラからの接続待ちになったことを確認します。

利用手順5. 接続設定(カメラ側)

GoProの場合、まずはGoProに電源を入れます。

そして、下記のGoProアプリを起動します。

‎GoPro
‎最高のストーリーを瞬時にシェアしましょう。GoPro アプリを使用すると、最新の HERO 映像や 360 度映像をあっという間に取り込んで創作を開始できます。手の届かない場所でも GoPro をリモート コントロールして撮影可能。ショットの確認もスマートフォンで行えます。プロレベルの編集が可能で、画期的なエフェクト...
GoPro - Google Play のアプリ
最高のストーリーを瞬時にシェアしましょう。GoPro アプリを使用すると、最新の HERO 映像や 360 度映像をあっという間に取り込んで創作を開始できます。手の届かない場所でも GoPro をリモート コントロールして撮影可能。ショットの確認もスマートフォンで行えます。プロレベルの編集が可能で、画期的なエフェクトに...

前提として、これらアプリで手持ちの GoPro を登録できていることとします。

これはスマホアプリの起動した直後の画面です。

予め登録されているGoProを選択して「GoPro をコントロール」を選択します。

次の画面で撮影方式を選択します。

次の画面でいちばん左へフリックして「Live」を選択します。

そうすると、この「ライブの設定」画面が表示されます。

この「ライブの設定」画面で、プラットフォームには「RTMP」を選択します。

利用手順6. RTMPサーバへの接続設定(カメラ側)

次に表示されるのは「RTMPにストリーム」という画面です。

こちらでは、先の手順で設定したRTMPサーバへ接続するための設定を入力します。

下記の通りに設定します。

ネットワークに接続(Windows PCと同じネットワーク)
RTMP URL を入力rtmp://192.168.1.30/live
解像度1080p

毎回 URL を入力しないといけないので、iOS/Androidのユーザー辞書にURLを登録しておくとラクになります。

利用手順7. 接続(カメラ側)

いよいよGoProアプリから、カメラからRTMPサーバへ接続するために「開始」します。

開始画面で「開始」ボタンを押下します。

そうして、下記の画面になれば配信(ストリーム)が開始されます。

ライブストリーミングが始まった画面で「ストリームの健全性」が確認できます。

利用手順8. カメラの選択(Windows側)

最後に、配信に使用するアプリケーション側でカメラデバイスとして設定します。

Zoomの設定画面では、こちらのように「Virtual Webcam 1 ~」を選択します。

Zoomの設定画面のうち、ビデオ > カメラ の順に選択します。

Zoomの場合、会議ウインドウを起動してからでも設定可能です。

また、Skypeだと下記の画面から「Virtual Webcam 1 ~」を選択します。

Skypeの設定画面のうち、音声 / ビデオ > カメラ の順に選択します。

以上の手順で、アクションカメラを WebCam として使用できます。

利点と弱点

この方法の利点はこちら。

  1. トータルでは安い
  2. アクションカメラを再利用できる
  3. フルHD(1080p)で撮影できる
  4. Wi-Fiだけで利用できる(有線不要)

ただし、この方法の弱点もいくつかあります。

  1. でも有償(¥2,000くらい)
  2. 毎回のセットアップが少し面倒くさい(手順が多い)
  3. Wi-Fiのせいで不安定になることもある(トラフィックや負荷が原因?)
  4. 開発元に馴染みがない(信頼性やサポートが…)

あと、一点だけ注意があります。これは善し悪しある話です。

広角の画角は必要ですか?

GoProでRTMP配信すると必ず広角の画角となります。

そのため、画質は良いけど、映る割合が小さくなる問題があります。

ただ、複数人で映ったり、広い会議室なんかだと広角は利点になります。

正直言うと、許されるならスマホをWebCam化した方が無難だとは思います。

GoProが進化すると必要なくなる

先の記事には、下記の記載があります。

なお、GoPro Webcamデスクトップユーティリティが対応しているのは現在Mac OSのみで、Windows版は開発中。

GoProがWebカメラになるβ版ファームウェア公開 – AV Watch

いつかはわかりませんが、いつか対応するはずです。

今後はコレが最も有望な方法となるハズです。

また、Pythonでプログラミングできる人は下記を使うのも良いでしょう。(有線/無線の両方が必要になりますし、執筆時点ではGoPro HERO 8未対応ですが。)

KonradIT/goprowifihack
Unofficial GoPro WiFi API Documentation - HTTP GET requests for commands, status, livestreaming and media query. - KonradIT/goprowifihack

しかし、それまで待てないユーザーにとっては、今回紹介した方法は有力な方法になると思います。

ぜひ活用していただければと思います。一緒にGoPro+Zoom/Skype/OBSライフを楽しみましょう!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました