MWebの新バージョン「2.2.7」でWordPress管理がよりラクになる話

この記事は約 5 分で読めます。

どうも、匠です。

このブログを書くときに使っているマークダウンエディタ「MWeb」の最新版「2.2.7」が3月24日に出ました。

けっこう重宝してる便利ツールなんですが、あんまり本気で使ってるレビューが出回って無さげなので、匠が使った感想を書いてみます。

スポンサーリンク

新版「2.2.7」の更新内容

・ Add export to Markdown and HTML.
・ Add auto upload inserted images to Images Upload Services. Please click (i) button in folder on the right to config.
・ Add publish to wizNote(wiz.cn).
・ Add custom Preview Theme. Just click “New Preview Theme” button in Setting page and fill the name and CSS.
・ Add fullscreen button for iPad, add Preview shortcuts: CMD + R.
・ Add undo and redo button to keyboard toolbar.
・ Other bug fixes and performance improvements.

こんな感じです。

マークダウンとHTMLのエクスポート機能を追加

エクスポート画面に項目追加されてますね。

MWeb2.2.7エクスポートメニュー

それぞれ出力してみるとこんな感じです。

MWeb Markdown形式で出力してGoodReaderで確認

MWeb Markdown形式で出力して
GoodReaderで確認


MWeb HTML形式で出力してGoodReaderで確認

MWeb HTML形式で出力してGoodReaderで確認

アップロードは別ツールで行いたいときは便利かもしれませんね。今までは md/htmlのファイルを直接出力できなかったので、別途エディタが必要でしたから。

(本文内に)挿入されている画像を画像アップロードサービスに自動アップロードする機能を追加

この機能、以前のバージョンからあったみたいなんですけど、なんだかパワーアップしている模様です。今回のエントリで試しに使ってみました。

例えば、今回のエントリに画像を追加してみました。

MWeb テキストエディタに画像を追加
すると、こんな感じで挿入した状態でアップロードされます。


メディアのライブラリに一括アップロードしてくれて、挿入の手間がかなり省けます。

MWeb  画像の一括アップロード結果
ただ、敢えて難点を言うと、
アップロードした画像の属性情報は管理画面から別で入力する必要があるのが面倒です。また、本当にアップロードしてくれるだけなので、サムネイル表示したい場合には別途作業が必要です。

このブログと違って、SEOや表示方法を細かく考えているサイトではもうひと手間が必要ですね。

(追記:2017/04/10)
結局、画像部分はなんだか気に入らなくてリライトしました。もう一声。。。

プレビューするときのテーマのカスタマイズ機能を追加

この機能は、匠が欲しかった機能です。CSSを入力すれば、MWebのプレビュー、つまりオフラインでも投稿先のブログに近い配色や書式で確認することができるわけです。

例えば、MWeb標準のテーマ「mweb-clearness」でプレビューするとこちらです。
MWeb プレビューテーマ「mweb-clearness」でのプレビュー

当ブログのテーマを適用すると下記のようになります。
MWeb カスタマイズ後のテーマでプレビュー

さすがにレイアウトが違うので、完全一致とはいきませんが、オフラインである程度確認できるなら作業時間の短縮がきたいできます。
(ハイスペックなサーバでWordPressを使っている方には不要かもしれませんが。。。)

ちなみに、設定は簡単です。設定箇所はこちら。
MWeb 設定画面の新規プレビューテーマの選択画面

設定内容はこちらで入力します。
MWeb 新規プレビューテーマ設定の入力画面

ただ、この機能はCSSを理解できる、ITに明るいブロガー向けの機能ですね。

こちらを選んだ画面で、ブログテーマのCSSをコピーアンドペーストするだけとはいえ、WordPressなどのCMSを利用しているユーザーはたくさんCSSをかかえていて、HTMLどこまでを入れるか悩ましいと思います。

そこで匠は下記のタグのCSSだけに絞りました。

  • body
  • 見出し(h2 / h3 / h4)
  • ul
  • ol
  • a

これだけでも、全部のCSSファイルを理解してまとめるのは大変です。
そこでオススメなのは、各ブラウザの開発ツールを使って、下記のように特定タグのCSSだけ抽出するのが最短だと思います。これを詳しくするのはちょっと大変なので割愛します。

Web Chromeの開発ツールを使ったCSSの作り方

iPad向け機能の追加

たぶん、iPadユーザーが多いんでしょうね。そういう匠は、iPhoneとiPadの両方でMWebを常用しています。

フルスクリーンボタンの追加

下記のようにボタンが追加されてますね。エディタの左上です。
MWeb フルスクリーンボタン

ボタンで切り替えるとこうなります。
MWeb フルスクリーン画面

投稿入力に集中できて良いですね!

ショートカットキーのプレビュー対応

Cmdを押しっぱなしにすると、使えるショートカットキーの一覧が表示される、というiPad向けアプリによくある機能が追加されました。
iPad向けのショートカットキープレビュー

熟練度が進めば不要なんですが、それまでは非常に重宝します。匠は物覚えが悪いので、未だにお世話になる機能です。ありがたや。

キーボードツールバーにアンドゥ・リドゥのボタン追加

たしかにキーボードツールバーにボタンが追加されて、、、ないですね。どこ?
MWeb iPadのツールバー

もしかすると、これは記載間違いでiPhone向けの機能だったのかもしれませんね。
MWeb iPhoneのツールバー

匠は iPad Pro の Smart Keyboard ユーザーなので必要性を感じないところです。

その他

こちらは詳しい内容がよく分かりませんでした。

  • wizNote(中国版Evernote?)への投稿に対応
  • バグ修正と性能改善

ただ、この後者のうち、下記の不具合が解消されたのは嬉しいことです!改善して欲しい旨を開発者にメールした甲斐がありました!!

  • Split View 起動中、URLをコピーアンドペーストすると、「http://ホスト名」部分が消えて、フォルダパスだけになってしまう。。。
スポンサーリンク

改善されていない仕様・不具合

  • 画像を挿入するマークダウンについて、代替テキスト部分([]部分)にテキスト入力をしようとすると、カーソルが全然違うところに飛んでしまって編集できない。

意外と使いづらいなぁ、って印象です。

スポンサーリンク

参考

本家のWebページはこちらです。

Introducing to MWeb for iOS - MWeb

なんだかルーズな人が作ってるのか、やる気が無いのかわかりませんが、ぜんぜん更新されません(汗

ユーザーとしては不安になるなぁ、と感じつつ、うちのブログのことを考えると身につまされるわけで。。。

スポンサーリンク

まとめ

MWebはiOSにとって無料でほぼ全機能が使える、非常に便利なマークダウンエディタです。

色々気になるところはありますが、今回のバージョンアップは、とても有用なバージョンです。

これまで使ってないブロガーやマークダウン使いの皆様は、試すことをおすすめします!

また、開発者の ou Ivhai さんには、ぜひ今後も機能改善していって貰いたいですね!