Split View/Slide Overで画面分割!iPadOS/iPad Proの便利な操作法

スポンサーリンク

待ちに待った iPadOS

Split View(スプリットビュー) と Slide Over (スライドオーバー)が機能拡充され、一段と便利になりましたね。

ただ、少し操作に迷ってしまったので、メモも兼ねて共有したいと思います。

Split Over ? Slide View ?

 

この記事を書くまで、匠は「Slide Over」のことを「Split Over」と呼んでしまっていました(汗
細かいですか、お間違えないように。

スポンサーリンク

Split View / Slide Over を試したデバイス

今回この機能を試したのは、先日購入したこちらです。

Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 512GB) - シルバー(第1世代)
Apple(アップル)
エッジからエッジまで広がる11インチLiquid Retinaディスプレイ(ProMotionテクノロジー搭載、True Tone、広色域)

公式サイトでは、 Split ViewとSlide Overの同時使用までサポートしているモデルとなると、機種が限定されるような記載がありますね。

・ iPad Pro(12.9インチ)(第2世代以降)
・ iPad Pro(11インチ)
・ iPad Pro(10.5インチ)
・ iPad(第6世代以降)
・ iPad Air(第3世代)
・ iPad mini(第5世代)

iPadのSlide OverでAppを開く – Apple サポート
スポンサーリンク

Split View / Slide Over をやってみた

匠のiPadの画面で恐縮ですが、下記の動画をご覧ください。※音声はありません。

iPadOS で Slide Over / Split View をやってみた
スポンサーリンク

iPadOS での Split View / Slide Over 操作手順

こちらの動画で網羅しています。

iPad が確実に便利になる Split View & Slide Over の操作方法すべて

Slide Over

まず最初に、こちらをご覧ください。

iPad で Slide Over を自由自在に使う方法

なお、表記上はiOS11とありますが、iPadOSでも変更はありません。

まずは画面下からスワイプしてDock(ドック)を表示させた上で、下記のように使いたいアプリを長押し&ドラッグします。

Split-View-ios-11-01

ググッと右へ移動させるわけですが、試した限りでは右じゃなく真ん中に移動するとアプリ切り替えになってしまいますので注意です

iOS11のSplit View / Split Over 02

これで Slide Over が完了です。iOS10までの表示と少し違って、背景が明るいままに別の画面が浮いている感じですね。

iOS11のSplit View / Split Over 03

Split View

次にこちらの動画をご覧ください。

iPad で Split View を自由自在に使う方法

なお、表記上はiOS11とありますが、iPadOSでも変更ありません。

Split View も始め方から操作方法まで大きく変わりました。

先の通り、Slide Over したウインドウ上のバーを軽く引き上げます。実は、下でも上でも Split View に切り替えられるます。匠の場合、軽くタップするだけでも切り替えられましたが、この辺はタイミングがありそうでした。

iOS11のSplit View / Split Over 05

そうすると簡単に Split View の画面割に変化することができました。真ん中に「分割線」が表示されます。

iOS11のSplit View / Split Over 06

画面に比率は今まで通り、画面の区切りを左右に移動させることで変更することができます。たまに、分割線が上手く機能しないことがありそうです。。。

iOS11のSplit View / Split Over 07

下の画像は半分半分に分割した場合です。この辺は今までと変わりませんね。

iOS11のSplit View / Split Over 08

ちなみに、Dockに使いたいアプリがなくてもSplit Viewにしてしまえば切り替えられるので、最初に選ぶのは何でも良いです。

Split View + Slide Over

今度は応用編のような使い方になります。こちらの動画をご覧ください。

iPad で実現した Split View + Slide Over の使い方

動画を見ていただいたら分かる通り、Split View 中に Slide Over を使って3つのアプリを同時に使い分けることができます。

やり方は下記の通り、Split View している最中に「分割線」の上に Dock からアプリをドラッグ&ドロップするだけです。

iOS11のSplit View / Split Over 09

具体的に使う場面を想定すると、英語のWebページとメモ帳アプリを Split View で開きながら、辞書アプリを開くといった使い方ができるでしょうか。画像を加工しながら、ブログへ投稿記事を書きつつ、ファイル操作をするような使い方もできたりしています。

もうここまで来るとデスクトップの使い方にかなり似てきますね。うまく使い分けられると、非常に効率が良くなりますよね!

Split View 乱舞

下記の動画をご覧ください。

iPad で Split View をたくさん使う方法

表記上はiOS11とありますが、iPadOSでも変更ありません。

使いかけのSplit View状態のアプリはそのままにして、他のアプリを開けます。応用して、Split View状態のアプリ(の組み合わせ)をたくさん開いておいて、適宜切り替えることが可能になりました。

組み合わせをたくさん作って切り替えられれば、より便利ですね!

便利な使い方や関連仕様について

Split View 非対応のアプリに対する Slide Over

これまでもSplit Viewに対応していないアプリであっても、Slide Overは使うことができました。ただ、実際はSplit View非対応アプリを停止させて、その上に見えて一時的に操作できるというだけでした。そのため、マルチタスク的な使い方ではありませんでした。

しかし、iPadOS の Slide Over は下の画面の通り、表に浮かせたウインドウも、裏の画面もスムーズに操作できます。便利ですね!

iOS11のSplit View / Split Over 09

これだとSafariで表示したWebページの表示と辞書を組み合わせて英語ページを翻訳しながら読むなど、Split View を使うほどではないちょっとしたアプリを重ねて使いたくなりますね。

Split View + Slide Over + Apple Pencil と併用すると

この組み合わせがとにかく強力です。

Apple Pencil(第2世代)
Apple(アップル)
¥15,286(2020/06/06 12:02時点)
iPadProのための新しいApplePencilは直感的で、精密で、魔法のよう。メモを取るのも、文書を書くのも、絵を描くのも、これまで以上に快適になります。

見ながら書く、見ながら描く、って感じです。これが使いこなせないと、iPad で円滑に書けないでしょう!という感じです。

その一例はこちらです。ぜひ参考にして下さい

ホントに「iPadを使った勉強法がめちゃくちゃ捗る」のはこうやってやるんだ
TOEIC 100点アップ、社内外資格を4個ほど合格した2017年の経験をふまえ、iPadとApple Pencilを活用した勉強方法を書き連ねました。学生はもちろん、資格勉強にはげむ社会人は参考になるはずです。

Split View したアプリ間でドラッグ&ドロップ

複数ファイルの受け渡し、文字列や画像の直接貼り付けなど、飛躍的な作業の効率化が図れます。

対処となるアプリはこちらです。ぜひご利用ください。

今後もどんどん研究して、このページは拡充させていきたいと思います。

こちらの記事も併せてどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました