iPhone SE(第3世代)と旧モデルのスペック比較して分かる魅力は?

iPhone SE 第3世代
  • iPhone SE 第3世代のスペックをもっと詳しく知りたい
  • iPhone SE 第2世代 / iPhone8で十分じゃないの?
  • iPhone SE(第3世代)でもゲーム性能が向上するの?

3月18日に発売されたiPhone SE(第3世代)は、「自分にとってメリットがあるかな?」と思う部分もありますよね。

この記事では、ガジェット&スマートフォン大好きサラリーマンの筆者が、iPhone SE(第3世代)を調査した比較情報をご紹介します。

これを読めば iPhone SE第三世代について、iPhone SE(第2世代)/iPhone8からの進化が具体的に把握できます。ぜひ一緒に iPhone SE3 第3世代の進化について理解を深めましょう。

iPhone SE 第3世代

最安値はこちら

iPhone SE(第3世代)の進化ポイント

日本時間3月9日3時に開催されたAppleイベントで、iPhone SE(第3世代)が紹介されたのは以下のパートです。(英語なので、字幕を出して日本語翻訳して視聴することをお薦めします。)

iPhone SE(第3世代)が進化した点は以下です。

  • SoCがA15 Bionicに進化して、iPhone13相当に基本性能アップ。
  • ストレージ容量256GBの追加で、動画や写真の保存できる量がアップ。
  • 5G(サブ6GHz)対応して、下り最大3.4Gbps/上り218Mbpsの高速なモバイル通信が可能になる。GPSも方式追加。
  • わずかに4g軽くなった。
  • リアカメラの写真撮影についてソフトウェア面で進化した。
  • バッテリー性能も向上して、ビデオ再生が最大15時間になった。(+2時間)
  • メモリ(RAM)が4GBに増量した。(+1GB)

特に、SoCが向上するということはiPhone SE(第3世代)のゲーム性能が向上するのは確実です。GPUコア数は変わりませんが、Neural Engineコア数は倍増しています。

iPhone SE(第2世代)から維持される(進化していない)のは以下です。

  • 価格が約57,800円~(税込)
  • Lightningコネクタ
  • シングル広角カメラ(ハードウェア)
  • 4.7インチディスプレイと小型ボディ
  • Touch ID(指紋認証)

iPhone SE 第3世代

最安値はこちら

iPhone SE 3 / iPhone SE 2 / iPhone8 スペック比較表

iPhone SE(第3世代)のスペックについて、比較対象になりやすいのは iPhone SE(第2世代)とiPhone8の2機種でしょう。これら3機種のスペックを詳細に比較した比較表は、以下の通りです。

発売日と販売価格

機種名iPhone SE (第3世代)iPhone SE (第2世代)iPhone8
発表日2022年3月9日2020年4月16日2017年9月13日
発売日2022年3月18日2020年4月24日2017年9月22日
販売価格(税込)約57,800円~約57,800円~78,800円~

基本性能

機種名iPhone SE (第3世代)iPhone SE (第2世代)iPhone8
SoCA15 Bionic (6コアCPU)
高性能コアx2
高効率コアx4
A13 Bionic (6コアCPU)
高性能コアx2
高効率コアx4
A11 Bionic (6コアCPU)
高性能コアx2
高効率コアx4
GPU4コア4コア3コア
Neural Engine16コア8コア2コア
メモリ4GB3GB3GB
ストレージ容量64GB
128GB
256GB
64GB
128GB
64GB
128GB
防水防塵IP67IP67IP67
カラーホワイト
ブラック
レッド
ホワイト
ブラック
レッド
シルバー
ゴールド
スペースグレー
レッド
サイズ高さ: 138.4mm
幅: 67.3mm
厚さ: 7.3mm
高さ: 138.4mm
幅: 67.3mm
厚さ: 7.3mm
高さ: 138.4mm
幅: 67.3mm
厚さ: 7.3mm
重量144g148g148g

進化したポイントは赤字で表記しました。

ディスプレイ性能

機種名iPhone SE (第3世代)iPhone SE (第2世代)iPhone8
サイズ4.7インチ4.7インチ4.7インチ
種別Retina HD ディスプレイRetina HD ディスプレイRetina HD ディスプレイ
解像度1,334x750 pixel 326ppi1,334x750 pixel 326ppi1,334x750 pixel 326ppi
リフレッシュレート60Hz60Hz60Hz
タッチ機能触覚タッチ触覚タッチ3D Touch

特に変更はありません。

リアカメラ – 写真撮影

機種名iPhone SE (第3世代)iPhone SE (第2世代)iPhone8
種別シングル 12MPカメラ (広角)シングル 12MPカメラ (広角)シングル 12MPカメラ (広角)
絞り値ƒ/1.8ƒ/1.8ƒ/1.8
Deep Fusion××
光学式手ぶれ補正
ズーム最大5倍 デジタルズーム最大5倍 デジタルズーム最大5倍 デジタルズーム
ポートレート×
HDRスマートHDR 4スマートHDR自動HDR
ナイトモード×××
フォトグラフスタイル××

進化したポイントは赤字で表記しました。

ソフトウェア面での変更があったと考えると良いでしょう。

リアカメラ – 動画撮影

機種名iPhone SE(第3世代)iPhone SE(第2世代)iPhone8
4K撮影24fps / 25fps / 30fps / 60fps24fps / 25fps / 30fps / 60fps24fps / 25fps / 30fps / 60fps
1080p HD撮影25fps / 30fps / 60fps25fps / 30fps / 60fps25fps / 30fps / 60fps
光学式手ぶれ補正
ズーム最大3倍 デジタルズーム最大3倍 デジタルズーム最大3倍 デジタルズーム
QuickTakeビデオ×
スローモーション1080p (120fps/240fps)1080p (120fps/240fps)1080p (120fps/240fps)
タイムラプスビデオナイトモードのタイムラプス
○手ぶれ補正あり
○手ぶれ補正あり○手ぶれ補正あり
ステレオ録音×

進化したポイントは赤字で表記しました。

唯一、タイムラプスがだけが進化しましたね。

フロントカメラ

機種名iPhone SE (第3世代)iPhone SE (第2世代)iPhone8
種別シングル 7MPカメラ (広角)FaceTime HD カメラFaceTime HD カメラ
解像度7MPの写真7MPの写真7MPの写真
絞り値ƒ/2.2ƒ/2.2ƒ/2.2
フォトグラフスタイル××
ポートレートモード×
1080p HDビデオ撮影25fps / 30fps / 60fps25fps / 30fps25fps / 30fps
手ぶれ補正1080p / 720p1080p / 720p×
1080p スローモーションビデオ120fps××
Deep Fusion××
QuickTakeビデオ×

進化したポイントは赤字で表記しました。

1080p HDビデオ撮影で 60fpsが選べるようになりました。

通信性能

機種名iPhone SE (第3世代)iPhone SE (第2世代)iPhone8
通信方式2x2 MIMO対応 5G(サブ6GHz)4G LTE (ギガビット級LTE)4G LTE (4G LTE-Advanced)
Wi-FiMIMO対応 802.11ax Wi‑Fi 6MIMO対応 802.11ax Wi‑Fi 6MIMO対応 802.11ac Wi‑Fi 5
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0Bluetooth 5.0
GPS内蔵GPS, GLONASS, Galileo, QZSS, BeiDou内蔵GPS/GNSS内蔵GPS/GNSS
NFC
SUMカードデュアルSIM(nano-SIM / eSIM)デュアルSIM(nano-SIM / eSIM)Nano-SIM

進化したポイントは赤字で表記しました。

ミリ波非対応ですが、5G対応した点が大きい変化です。Wi-Fi 6対応に加え、GPSも進化しています。

実際に5G(povo NR化エリア)で通信してみると、こんな感じで高速化できていますね。

iPhone SE 第3世代を5G NR化エリアで通信テストした結果下り193Mbpsを記録できた
iPhone SE 第3世代を5G NR化エリアで下り193Mbps/上り70.16Mbps

4G LTEなら下り30~40Mbpsが限界でしたから、5倍近く速くなっています。5G sub6エリアならもっと早くなるそうなので、エリア拡大をぜひ期待して待ちたいところです。

認証方式とApple Pay

機種名iPhone SE (第3世代)iPhone SE (第2世代)iPhone8
認証方式Touch ID (指紋認証)Touch ID (指紋認証)Touch ID (指紋認証)
センサーホームボタンに 内蔵された 第2世代の指紋認証センサー?ホームボタンに 内蔵された 第2世代の 指紋認証センサーホームボタンに 内蔵された 第2世代の 指紋認証センサー
Apple PayTouch IDを使った支払いTouch IDを使った支払いTouch IDを使った支払い

バッテリーと充電

機種名iPhone SE (第3世代)iPhone SE (第2世代)iPhone8
バッテリー容量2085mAh1,821mAh1,821mAh
ビデオ再生最大15時間最大13時間最大13時間
ストリーミング再生最大10時間最大8時間-
オーディオ再生最大50時間最大40時間最大40時間
Qiワイヤレス充電
コネクタLightningLightningLightning

進化したポイントは赤字で表記しました。

iPhone SE3 のバッテリー容量については、Appleへの送信データからチェックしてみました。

iPhone SE 第3世代のバッテリー容量を送信データから解析した結果、2085mAhと判明した。
iPhone SE 第3世代のバッテリー容量
(Appleへの送信データから解析した結果)

つまり、iPhone SE3のバッテリー容量は、iPhone SE2とiPhone8から約15%増えています。これがバッテリー駆動時間の長さに反映されるわけです。

参照元: iPhone SE(第3世代) vs iPhone SE(第2世代) vs iPhone 8 – Apple(日本)

iPhone SE 第3世代

最安値はこちら

iPhone SE(第3世代)対応アクセサリをチェックする

既に iPhone SE(第3世代)向けのアクセサリは、販売が開始されています。

>> Amazon: iPhone SE(第3世代)向けケース

>> Amazon: iPhone SE(第3世代)向け保護フィルム

ただし、アクセサリ類はわざわざ購入する必要はないかもしれません。なぜなら、iPhone6sからiPhone SE 第3世代まで同じアクセサリが使えるからえす。つまり、すべて外観は同じなんです。

iPhone8 iPhoneSE3 iPhone6s iPhoneSE2 はまったく同じ形なので、同じアクセサリを流用可能です。
iPhone8 iPhoneSE3 iPhone6s iPhoneSE2はまったく同じ形

お気に入りのケースを使い続けたり、わざわざ充電ケーブルを購入し直す必要がないのが良いですね。

iPhone SE(第3世代)に魅力を感じなかった人は?

今回発表された iPhone SE(第3世代)に魅力を感じられなかった人は、既に発売されている旧モデルこと、iPhone SE(第2世代)を検討すべきでしょう。なぜなら、今回の発表で価格が安くなることが予想されているからです。下記では、既に予想価格より安く販売しているサイトを紹介しています。

>>iPhone SEをとにかく安く購入する方法

あるいは、最新モデルのiPhone 13を検討した方が要望に合うかもしれません。まずは下記の記事を読んで、価格と機能のバランスを検討しましょう。

>>iPhone13をとにかく安く買う方法とは?

また、型落ちで安価になった iPhone 12 がベストという可能性も十分ありえます。下記の記事も参考にしてください。

>>iPhone12をとにかく安く買おう方法とは?

皆様のニーズに合ったiPhoneをゲットして、楽しいスマートフォンライフが送れることを願ってやみません。

最後まで読んでいただいて、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
MiniTool Partition Wizard バナー

スポンサードリンク

この記事の執筆者
いつもの 匠

システムエンジニアの皮を被ったガジェッター。「これは便利だ!」と感じたことを、誰かにシェアせずにはいられない生物。Apple / Android / 3Dプリンタなどのガジェットが大好物。現在スマホ10台を研究中。3Dプリンタでは1年で200個出力して成果物やTipsなどをTwiter & Facebook & Instagramでそれぞれ公開。これからもITガジェットや3Dプリンタのノウハウやお得な情報を発信して、少しでも誰かのお役に立てば幸いです。(English OK)

>> 詳細なプロフィールはこちら
>> 3Dプリンタの成果物はこちら

新着記事の配信やってます。
iPhone
いつもの匠