Apple Pencil & Surface Pen で手書きが活きる4つの使い道

この記事は約10分で読めます。

タブレットは初代iPad、iPad 3、iPad Pro と使い続け、最近では Surface Pro も併用しはじめたくらいの中堅ユーザーの匠です。

そんな中で最近の疑問はこちらでした。

ペン、いる?

ネットサーフィン(死語)や動画鑑賞、SNSを見るだけなら、正直なところ必要性を感じません。

ついでに匠は絵を描く趣味も業務もないので、さらに必要性を感じていなかったんです。

しかし、ある時に Surface Pen を実際に使わせて貰ったことがキッカケで購入に至りました!

今では、公私でこんな環境になってしまっています。

Apple Pencil&Surface Penを出張先でも並べて使うの巻

つきましては、絵を描く以外で、実経験に基づいた役に立つ4つの使い道をご紹介したいと思います。

なお、基本的な使い方を知りたい方はこちら。

Apple Pencilの使い方
Apple Pencil の使い方について、Apple社公式ページや説明書よりも詳しく紹介しています。各パーツの呼称、タップの仕方、文字や絵の書き方、充電方法、ペアリング方法など。

併せて、こちらの記事もどうぞ。

Apple Pencil を1円でも安く買う方法【2019年最新】
1円でも安く買いたくて堪らないApple Pencil ですが、iPadユーザーは皆、欲しくて気になってるのではないでしょうか。元値がけっこう高いので、とにかく1円でも安く購入する方法(販売店)について調査しましたのでご紹介します。
Surface ペンをとにかく安く買う方法【2019年最新】
Surface Pen は Surface Pro で勉強したり、メモを取るにはとても便利なデバイスです。しかし、けっこうお高いのが難点。そこで、少しでも安く購入する方法を調査しました。その方法とは...
スポンサーリンク

Apple Pencil & Surface Pen の用途1. 狭い場所での入力

電車で座った膝の上

匠は電車の中で座ってメールを書いたり、SNSで文章を打ったり、ドキュメントを作ったりする機会が多い方だと思います。

その際に、キーボードでバリバリ打つこともあるんですが、まとまった時間が無いと二の足を踏んでしまって、うまく隙間時間を活用できませんでした。

横の人に肘が当たりそうになったり、不安定だったり。。。かといって、ソフトウェアキーボードは打ちにくくてストレスが溜まるんですよね。長文は無理です、ホントに。

しかし、Surface Pen / Apple Pencil を使うようになって大きく変わりました。

席に座って、ペンを取り出すだけなので、スペースが少なく済みますし、態勢に入るのが速い!

少しくらい不安定な膝の上でも無問題!

しかも、閉じて立ち上がるまでが早い!本体とペンとを同時に鞄に突っ込むだけなんですから。何度降りるのギリギリまで書いてたかwww

しかも、Surface Pen は磁石付きなので片付けも非常にラクです。無くしませんw

類似ケースとして「ソファに座りながら」「寝っ転がって」というのがあります。特に前者は毎日だったりしますが、ラク過ぎ!

ちなみに、Windows 10 は手書きキーボードがあるのでまだ良いのですが、iPad/iOSには標準ではありません。そのため、最初は活用の機会が限られていたのですが、下記のアプリを知って、使い始めて激変しました。スゴいです!!

この記事も Apple Pencil + mazec を使って書いてます。こんな感じ。

Apple Pencilとmazecで記事を書く画面

mazecは辞書もかなり優秀なので、格段に入力が速くなりました。快適です。

ちなみに、Windows版mazecもありますが、OS組み込みではないみたいなので、少し使い勝手がイマイチ。もう少し改善されてからかな、と思います。ちょっと残念。

Apple Pencil & Surface Pen の効果

必要な入力スペースの狭さ

入力の煩わしさ解消

スポンサーリンク

Apple Pencil & Surface Pen の用途2. 商談&ミーティングで図解する

OneNote イズ ベスト!

Windows / iOS 共通なんですが、商談やミーティングで使うにはOneNote が最強です!!

OneNote
OneNote
Developer: Microsoft Corporation
Price: Free

ミーティング中に、プロジェクターに投影しながら、がりがりと構成図を描くのはホントに手軽で良いです。こんな感じ。

OneNoteとApple Pencilで図を描くの巻

ホワイトボードいらずで、ミーティングが捗ります。しかも、OneNoteならキーボード入力の枠とも併用できるので、キレイで表見豊かな議事録とるのにはもってこいです。ホントにペンデバイスのために作られたようなアプリですよね。

ちなみに、PowerPoint でもポンポン書き込めるので、ホントにミーティングのやり方自体を変えてくれます。こちらの画面は iOS版 ですが。

PowerPointに Apple Pencil で手書き

そんな感じなんで、最近はミーティングにキーボードを持って行かずにペンだけで参加してたりします(汗

いや、Evernoteも悪くは無いんですが、匠がいるようなエンタープライズ系ビジネス主体の会社だとMicrosoft製品の方が幅を利かしてたりします。そういうビジネスマンにはすごく向くんじゃないでしょうか。もちろん、Evernote の費用を会社で払ってくれるなら別なんですが。。。

Apple Pencil & Surface Pen の効果

ミーティングのメモや図を手軽に書き込める

ちなみに、匠は矢印書くのが好きなので、関係する文章を矢印で繋いだりすると頭に入りやすいので、そういう矢印をフリーハンドで描くのに重宝してます。

スポンサーリンク

Apple Pencil & Surface Pen の用途3. ドキュメントに書き込む

PDFドキュメントに書き込み

匠はエンジニアの端くれですので、ドキュメントをたくさん読む機会が多いです。特にPDFデータ。

これまではPDFのうちで、頭に入れておきたい箇所に自由にメモを入れたいという欲望をグッとこらえていたのですが、今はバンバン書き込んでます!!

しかも、デジタルの良いところは検索やまとめメモを作るのがラクな点です。とにかく後始末がラクです。消し方でも、選択して纏めて消す という手書きノートでは難しい方法も簡単に実現できて良いです!

そんなわけで、いくつかドキュメントビューアや管理ツールを使って見て、その辺がしっかり考えられているiOSアプリだなと感じたのはこちらです。

PDF Expert by Readdle
PDF Expert by Readdle
Developer: Readdle Inc.
Price: ¥1,200+

PDF Expert でハイライトと書き込み
※画像は「実践 Python 3」より拝借しました。

ちなみに、GoodReaderも使っていますが、ドキュメントに書き込みながら読む用途だとちょっと向いていないんですよね。


※画像は「退屈なことはPythonにやらせよう」より拝借しました。

上の画像を見ていただいたらわかる通り、フリーハンドで書く方法が無いのが惜しいです。PDF以外も扱えるだけに勿体無い限り。。。今後のバージョンアップに期待です。

また、Windows 10 の場合はどうかというと、まだ使い込んで日が浅いですが、同じようにPDFドキュメントに書き込むという用途でいうとこちらが良いです。

Drawboard PDF
Drawboard PDF
Developer: Drawboard
Price: $11.99+

英語アプリながら、分かりやすいインターフェースで全然苦になりません。むしろ操作性の良さがストレスを解消してくれます。

Surface Pen と Drawboard PDF とWindows 10
※画像は「退屈なことはPythonにやらせよう」より拝借しました。

ちなみに、Windows 10 で頻繁に利用する「Adobe Reader」や「リーダー」は少し惜しい。使ってみると分かりますが、端々に使いにくさを感じます。

例えば、「リーダー」は黒ペンでしか書き込めません。

Surface Pen で Reader に手書き
※画像は「退屈なことはPythonにやらせよう」より拝借しました。

「Adobe Reader Touch」に至っては手書き不可です。

Surface Pen と Adobe Reader Touch で手書き無理
※画像は「退屈なことはPythonにやらせよう」より拝借しました。

こういう端々の使いにくさが気になってストレスになってしまうんですよね。だから、辞めました。

Apple Pencil & Surface Pen の効果

気になる箇所にへ自由に手書き

スポンサーリンク

Apple Pencil & Surface Pen の用途4. 書いて覚える

暗記は手書きで

どうも、暗記が苦手な匠です。

とにかく書いて覚えるタイプで、キーボード入力だけでは覚えられません。そうなると、それらもタブレット内で完結したいです。

Apple Pencil / Surface Pen があれば実現できる!

匠は色々と資格の勉強をしないといけない身なので、テキストとメモ帳を横に並べて勉強したいと思うことあ何度もありました。その想いが叶って、今はこんな感じです。

PDF Expert とメモ帳とApple Pencilの併用
※テキストは受験生のお供「DUO 3.0」。

この暗記のための「捨てるメモ」はどれだけ書いても捨てる手間は無いですし、消すのも簡単です。当然なんですけど、消しカスは出ません。

ペンの持ち替えもいらないですし、色や太さも変幻自在なので、整理ノートを作るのにも十分に使いやすいです。文章はキーボード、装飾は Apple Pencil や Surface Pen でやるという方法もアリです。使い方は自由自在。

例えば、整理ノートをOneNoteとSurface Penで作るとこんな感じになります。
Surface Pen と OneNote で整理ノート作り

また、勉強だとすごい量を書くと思いますが、ツルツルの画面に書くのは気持ち悪くてストレスになります。そのため、どうしてもノートの書き味が欲しい!と思って二の足を踏む人は下記を購入すると良いと思います。

これは余談ですが、受験生の時によく使った赤い透明のシートも有効です。赤ペンで書いたノートだと、ペン字の溝が薄っすら見えたりすることがあって注意が必要なんですが、タブレットに書いたものを隠すなら全くその心配なしです!!

Apple Pencil & Surface Pen の効果

自由でキレイなノートは手書き+キーボード入力で作れる!

スポンサーリンク

Apple Pencil & Surface Pen を試した環境

今回、iPadとSurfaceはかなり試しました。しかし、Android系タブレットではまったく試していないので、同じ程度の書き味があるペンデバイスがあるのかは試しておりません。

iPad Pro

匠が使っているApple Pencilはこちらです。購入して1ヶ月くらいですが、四六時中持ち歩いて使いまくっています。

Apple Pencil が使える iPad であれば、どれでも対象となるかとは思います。匠はこちらを活用しています。現在、利用して1年以上経過しました。

ちなみに、Apple Pencilのホルダーは買った方が無難です。無くしてしまうことを考えると安いもんですから。匠はこの2つをすぐに買いました。


Surface Pro

匠がiPad Proと並用しているSurface ProとSurface Penはこちらです。


スポンサーリンク

Apple Pencil & Surface Pen で手書きが活きる用途と効果まとめ

手書き入力の効果の大部分は 手軽さ です!

ここまで記事に書いておいてなんですが、この手軽さについては、文章を読むより、体験するのが一番です!

少しでも気になる方は、絶対に電気屋の店頭などでしっかり試してみるべきです!

あと、ホントはプログラミングでも使える、、、とかもやりたかったのですが、流石にマニアック過ぎるのでお見せするのは辞めました(汗

しかし、アイディア次第ではいろんな使い道が考えられるので可能性は無限大ですよね。今回ご紹介した以外にも新たな使い方が思いつけば、是非ともご紹介していきたいと思います!

なお、下記の記事もご覧ください。

Apple Pencil をもっと活用できるようになる記事13選
当ブログ「いつもの匠」における、Apple Pencil を活用するための記事はこちらです。Apple Pencil を安く買う方法1円でも安く買いたいとの思いから記事を書きました。Apple Pencil の初歩まず ...
Surface Pro をもっと活用できるようになる記事5選
当ブログ「いつもの匠」における、Surface Pro を活用するための記事はこちらです。Surface Pro/Windows 10アプリ集こちらでは、Surface を使える手書きアプリを紹介しています。Surface ...
Apple Pencil を1円でも安く買う方法【2019年最新】
1円でも安く買いたくて堪らないApple Pencil ですが、iPadユーザーは皆、欲しくて気になってるのではないでしょうか。元値がけっこう高いので、とにかく1円でも安く購入する方法(販売店)について調査しましたのでご紹介します。
Surface Pro (2018年版)をとにかく安く買う方法は?【2019年最新】
Surface Pro をできる限り安く購入する方法を調査しました。その方法とは...