韓国政府を支持する間抜けな日本のメディアはどこか?

この記事は約7分で読めます。

下記の措置が出て、爽快な気分です。

韓国への輸出規制強化 きょうから半導体3材料
 政府は四日、半導体の製造に必要な三品目について、韓国に対する輸出規制を強化した。これまでは韓国に輸出する企業に三年間有効な許可を優遇的に与えて個別申請を省略…
韓国への輸出規制って、どういうこと?|サクサク経済Q&A| NHK NEWS WEB
韓国に対する輸出優遇措置を見直し、半導体関連原材料の輸出規制を強化。「徴用」をめぐる問題などでぎくしゃくする日韓関係の今後は?

安倍政権がどうかはさておき、韓国にはかなり頭にキていた1人です。

以前は「そういう時期もあるか」くらいでしたが、ここ一年くらいの出来事で「キチンと距離を置くべき」と考えるようになりました。

そして、今回は優遇措置の取りやめであって制裁ではありません。

誤解だらけの「韓国に対する輸出規制発動」
「韓国に対する半導体材料の輸出規制」の問題が注目を浴びている。「事実上の禁輸」「輸出規制を発動」といった文言がメディアに踊っているが、本当にそうか。かつて、経済産業省で貿易管理の責任者をしていた細川昌彦氏が解説する。

そんな中、今回の措置で日本の立ち位置に肯定的なメディアがあぶり出されましたので、下記の通りにまとめてみました。

スポンサーリンク

ここ一年くらいでの事件

もし知らない人がいるなら読んで欲しい。

文政権になってから、正式な約束を一方的な反故にする信じられない事件が続いている。

徴用工訴訟問題 - Wikipedia
朝日新聞の慰安婦報道問題 - Wikipedia

上記の二つは真実に基づかない韓国側の理解に起因している一方、国防の危険ということはない。

しかし、こちらは国防の危機に関わる。

韓国海軍レーダー照射問題 - Wikipedia

前政権でも色々とあった。

日韓通貨スワップ - Wikipedia

しかし、ここまで嫌悪感を抱くほどではなかったんですよね。

それほどまでに文政権は酷い。

それを踏まえた上での日本の新聞メディアの意見をまとめました。

スポンサーリンク

韓国と蜜月なメディア

ホントどれも炎上商売したくて仕方ないんだな、と思わされます。程度が知れるというか。

信じられないことですが、あれだけコケにされておいて日本政府批判ばかり。ホントに意味がわからない。

国益考えてます?批判ばかりせず、代案出してみ?という感じます。

(社説)対韓輸出規制 「報復」を即時撤回せよ:朝日新聞デジタル
 政治的な目的に貿易を使う。近年の米国と中国が振りかざす愚行に、日本も加わるのか。自由貿易の原則をねじ曲げる措置は即時撤回すべきである。 安倍政権が、韓国への輸出の規制を強めると発表した。半導体をつく…

国交正常化から半世紀以上、隣国間で積み上げた信頼と交流の蓄積を破壊してはならない。

慰安婦の誤報道で、直接的に国益を損なったメディアが書くんですから香ばしいですね。恥ずかしくないんでしょうか。

社説:韓国への輸出規制 通商国家の利益を損ねる - 毎日新聞
 外交問題とは全く関係のない貿易手続きを持ち出して、政治の道具にする。日本が重視してきた自由貿易の原則をゆがめるものだ。  政府が韓国に対し、半導体生産に不可欠な材料の輸出規制に踏み切った。元徴用工への賠償を日本企業に命じた韓国最高裁判決を巡り、韓国から満足のいく対策が示されなかったとして事実上の対

最大の問題は、日本が主張してきた「ルールに基づく自由貿易の推進」という理念に反することだ。

いやいや、ルールに基づいてますよね?自由貿易を損なってないし、同じルールで運用してる中国や他国にはそれは言わないの?って話。

安倍政権には、韓国に強硬姿勢で臨み保守層にアピールするという思惑はないか。

完全に見誤った論点のすり替えです。この辺の「いいね」の数とか見えてますかね?怒ってる国民がスゴイ数いるんですよ?

記事へのコメントといいね数

ちなみに、はてブ民から「ヤフコメ笑」みたいな浅はかなコメントもありました。

しかし、何回も押せるはてなスターと違って、何度も押せない仕様のヤフコメのいいねの方が人数把握にはよいですよね。

アクションを起こすような、韓国に批判的な人が7万人以上もいるということです。

客観的で具体的な数値として分かりやすいです。反意があれば、数字で示して欲しいところ。

あと、こちらも短期的な国益というなの売上しか見れていない。

[社説]元徴用工巡る対抗措置の応酬を自制せよ: 日本経済新聞
政府が元徴用工訴訟を巡り韓国への事実上の対抗措置に踏みきった。徴用工問題の一義的な責任は韓国側にあり、是正を求めるのは当然だ。とはいえ、通商政策を持ち出すのは企業への影響など副作用が大きく、長い目でみて不利益が多いと懸念せざるをえない。

将来の徴用工を生み出すこと、韓国の対応がエスカレートすることは、長期的に不利益が出ることがスッポリ抜けている間抜けな記事です。

対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
日本政府が、半導体製造に使われる化学製品の韓国向け輸出手続きを厳格化すると発表し - Yahoo!ニュース(毎日新聞)

毎日新聞外信部長・澤田克己

ちょっと頭がおかしいんじゃないでしょうか。それかマイナス面だけ頑張って探したんでしょうね。政権批判したくてしたくて。

短期的に売上が減る、長期的にライバルを育てる…それは韓国単体で見たときでしょう。どうぞどうぞ。

日本は今後 台湾や東南アジア諸国の友好国と付き合えば良いです。日本にしかない基礎技術を作れるならどうぞどうぞという話です。

克服されることを恐れたって仕方ないです。克服できるんなら、今回のことがなくてもいずれそうなるわけですし。

それより他のところで勝てば良いだけです。

ホントに短絡的だな、と笑わされてしまいます。

さらに、地方紙ともなれば間抜けな記事が続きます。

社説:韓国輸出の規制 自由貿易の立場損なう | 京都新聞
政府は、半導体などの製造に必要な材料3品目の韓国向け輸出規制の強化を打ち出した。 元徴用工を巡る問題...

いやいや、日本が対話しようと働きかけてきたことは無視ですか?

<社説>韓国向け輸出規制 対話の道を追求すべきだ
 日韓の対立が泥沼化の様相を呈してきた。政府が半導体などの製造に必要な材料3品目の韓国向け輸出規制を強化する方針を打ち出したのだ。これらはスマートフォンやテレビに使われており、韓国の産業の急所を突...

こちらも同じ。他人事みたいな論調が間抜けです。

対韓輸出規制 お互いが不幸になる
 韓国に輸出規制するのは半導体製造に不可欠な材料だ。背景に元徴用工問題があるのは明白だ。韓国経済を直撃するが、日本にも影響がある。

愚直な安倍政権批判マシンの東京新聞でさえ、大して目新しい論調はありません。というか、中国のときには内製化、別国との関係強化で、むしろ国益になりましたよね?忘れてるのが間抜けです。

韓国メディアなんかは、もうここ一年くらいの出来事が無かったかのような、一方的な論調です。あまりのヒステリックさに、ダメージがひどいんだな、と哀れすぎて笑えます。

それほど効果的な対応をしたことがわかります。

スポンサーリンク

国益を考えたメディア

至極真っ当で冷静なメディアはこちら。

【主張】対韓輸出の厳格化 不当許さぬ国家の意思だ
経済産業省が韓国に対する輸出管理規制の運用を見直し、半導体の製造過程に必要な材料の輸出許可などを厳格化する措置を発表した。日韓の信頼関係が著しく損なわれ、これに…

韓国相手に曖昧な姿勢を取るべきではない。信頼関係が損なわれたというなら、信頼回復に必要なことを具体的に示し、韓国側に対応を迫るべきだ。そうした強いメッセージが必要である。

政権批判または政権への擦り寄りとは関係なく、キチンと国益としてどうかが述べられている。

ヒステリックでなく、日本のメッセージとして冷静な論調といえます。

これまでの弱腰外交が誤ったメッセージを出してきました。

それを払拭する意味では、かなり意義のあるメッセージになることは想像に難くありません。

ちなみに、5大紙では読売新聞だけは中立的に事実報道のみに徹しています。大手メディアとして、これはこれで好感が持てますね。

まだ週刊誌の方がまともです。

日本の輸出規制、韓国では「単なる報復ではなく、韓国潰し」と戦々恐々 | デイリー新潮
7月4日、日本政府は韓国に対する輸出規制の強化策を発動した。「報復はけしからん」と息巻く韓国人が多い中で「そんな生易しいことでは終わらない。…

キチンと韓国の声の裏を捉えていますね。

スポンサーリンク

安倍政権を批判したいだけのメディアに信用はない

安倍政権には色々な人が居て、落ち度もあるでしょう。

しかし、一事が万事ではありません。

こと、今回の件は何が国益なのか、よく考えるべきです。

目先の売上を気にして、将来の徴用工を増やして、軟弱な外交メッセージを発信し続けて、ドンドン悪循環を回していくのが国益ですか?

長期的には、これを機に台湾へ切り替えていく方が、より国益に寄与するんではありませんかね。

また、この数年、韓国との付き合い方を見て、真剣に考えさせられると同時に、匠個人としてのメディアへの信頼も変わってきたのが正直なところ。

メディアは嘘をつく。

さて、そう考えた時に、韓国から本当にたくさんの利益を得ているのは誰ですかね?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
いつもの 匠

ITを生業とするエンジニアという名の社畜です。妻と子供一人と共に、毎日を楽しく生きてます。このブログを通じて、ただひたすらに共有欲を発散しています。詳しいプロフィールはこちら

ニュース日常
スポンサーリンク
この記事に関連する記事はこちら
いつもの匠