月1$でマストドン開発者 オイゲンさん の「パトロン」になってみよう

この記事は約 3 分で読めます。

どうも、匠です。

先日のInterop2017のマストドンブリーフィングに出席できて、実況してたんですが、非常に気になったことがありました。

☘️いつもの匠🌸 @itsumonotakumi

マストドンで先月139ユーロほどをクラウドファンディイングで集まって、ホスティングすることができてよかった。ベンチャーキャピタルや広告、有料プラットフォームにするより、マストドンに価値のある人からの寄付を貰う方が良いと思う。
#interop17

昨日の記事の通り、実況しながら「たった139ユーロ!?」と驚愕してしまいました。

そして一晩モヤモヤした気持ちから、このエントリに至りました。

スポンサーリンク

「マストドン&Gargron氏のパトロンになる」という大人の遊び

少し匠が勘違いしていた部分もあり、実際には「収益が139ユーロ」ではなさそうです。

後から考えてみたら、少し間違っていたようです。。。

ただ、それでも139ユーロです。手元に残るのが、たった1.7万円程度です。。。彼の功績や今後の発展を考えると、あまりにも少なすぎませんか?

そこでこう考えました。

☘️いつもの匠🌸 @itsumonotakumi

これは匠の個人的な考えですが、オイゲンさんに寄付することが、彼のモチベーションを上げて、結果として我々がより楽しめるプラットフォームを作ってくれるなら、それは私たちのためになると思うんですよね。情けは人の為ならず的な。
だから、学生さんとかじゃなくて、私みたいなお小遣いに少しだけ余裕のある大人(特におじさん達)が、月1$くらい出す遊びだと思うのはそんなに罰当たりなことではないと思うんです。たった月1$ですけどね。

というわけで、こうなりました。

☘️いつもの匠🌸 @itsumonotakumi

というわけで、フォロワーの中でも少し大人な皆様、少しくらい寄付ってあげてはどうでしょうか。そういうパトロン遊びするのどうですか?

仮想通貨やらFXやらで楽しむのも良いですけど、自分たちを楽しませてくれるプラットフォームを作れる若い有能なプログラマを育てるのは楽しいと思いますよ。

patreon.com/mastodon

#オイゲンさんへ寄付しませんか#ステマじゃないですよ #特に大人の皆さまへ

無料のお遊びも良いですが、大人はお金を使って遊ぶのも楽しみの一つです。学生や子供にはできない遊び方を見せて楽しみましょう!というお話です。

以下はその手順となります。

スポンサーリンク

マストドン(Mastodon)&Gargron氏のパトロンになる手順

Patreon にアカウント登録

下記にアクセスします。

Sign Up | Patreon
Patreon is empowering a new generation of creators. Support and engage with artists and creators as they live out their passions!

こんな画面が表示されるはずです。

この画面からFacebookアカウント、もしくはメールアドレスおよびパスワードを登録してサインアップします。完了するとこんな画面が表示されます。

アイコンかわいい、、、ではなく、これだけでサインアップ完了です。メールアドレスに確認メールが来てるはずですから、そちらもチェックしておきましょう。

Gargron氏のパトロンになる

いよいよ、Gargron氏のパトロンになります。下記にアクセスしてください。

Gargron is creating Mastodon | Patreon
Become a patron of Gargron today: Read 51 posts by Gargron and get access to exclusive content and experiences on the world’s largest me...

そうすると、下記の画面になります。英語が読める方はいろいろ確認できるはずです。

この画面の中から「Become a Patron」ボタンを押下します。

支払う金額を選びます。デフォルトでは「月1$($1.00+ per month)」が選択されています。資金に余裕のある方は他の選択肢を選んであげると良いと思います。

ちなみに、払う額が大きくなるとパトロンの呼び名が違うようです。なんじゃそら(笑)

  • $10 以上なら Cool People
  • $20 以上なら MVP
  • $40 以上なら Customer Support

ここはそれぞれの心意気ということで。選んだ後に「continue」ボタンを押下します。

支払う内容に間違いないか確認画面が出ます。日本円ではないので、桁が違わないかなどは念のために確認しておくべきでしょう。

次に、クレジットカードかPayPalで払うかを聞かれます。漏洩リスクをかんがえると、PayPalアカウントを持ってる方はそちらを選ぶ方が良いでしょう。あくまで比較的、ということで。

支払い設定が終わると、上記の画面で完了です。非常に簡単でしたね。最後にオイゲンさんのお礼のコメント(?)が表示されます。

Patreon の支払い確認ページでも内容を確認できます。ここから支払額も変更できるようです。

スポンサーリンク

オープンソースへの投資は「想いへの投資」だ

恥ずかしながら、匠はソフトウェアビジネスに身を置いていることもあって、初めてオープンソースソフトウェアの活動に寄付しました。

ビジネスでソフトウェアを開発し、それで儲ける姿が正しいとさえ思っていました。

しかし、ビジョンや想いを掲げ、それに向かってソフトウェア開発に勤しむ若者を応援したくなり、寄付したくなる気持ちがようやく理解ができました。ビジョナリーな活動は必ずしも企業活動だけから生まれるものでは無いのだと体験したわけです。

こんな面白い話、もっと続けたいですよね。その想いがパトロンになってみるという「大人の遊び」に繋がれば、もっと面白い世界が広がるんでじゃ無いかと期待してみたくなります。

みんなで、是非マストドン&Gargron氏のパトロンになって応援しましょう!