【実況まとめ】Interop 2017 特設セミナー「マストドンによる企業・組織・地域の価値拡大」 – マストドンブリーフィング3

この記事は約 6 分で読めます。

どうも、匠です。

今日も Interop 2017 でマストドンブリーフィングが開催されました。

Interop Tokyo 2017
Interop Tokyoは、インターネット、クラウド、データセンターなどをテーマに開催される展示会、カンファレンス、ライブデモンストレーションです。

匠は参加できませんでしたが、参加された方々(主に@kurakakeさん)のお陰でまとめることができました。実況&ご協力ありがとうございました-!

スポンサーリンク

講演前の控え室

Follow

たしか演者は30分前に控室集合のはずなのだがだれも来てないぞ私が心配することではないな

Follow

遠藤さんも「なんだ食事あったんだ!サンマルクで食べてきた」

とてもほのぼのした控え室のようですね。

スポンサーリンク

会場の様子

Follow

今日のInteropのマストドンブリーフィングも立ち見の状態となりました! 登壇いただいたみなさまお疲れさまでした!  でも、まだまだマストドンの仕組みまでは知られていないんですね。これは、マストドン使ってますか? と井芹さんが聞いているところ。まだ国内でもTwitterの100分の1ですからね。 mstdn.jp/media/qdMIwaSbhUP6WDi

マストドンブリーフィング3日目様子3

Follow

演者が全員スマホで写真を撮っている(この業界だからゆるされる

遠藤さんは360度

alarky (@[email protected])
添付: 2 枚の画像ふいんきこんな感じでした。本日はどうもありがとうございました!

プラグインの相性で上手く表示できないのですが、画像はこちら。

マストドンブリーフィング3日目様子1

マストドンブリーフィング3日目様子2

スポンサーリンク

実況

Follow

「マストドンによる企業・組織・地域の価値拡大」

本音がこぼれてます。せっかくご協力いただいたんで貼っときますね。匠のブログをご覧の皆様はもう購入済みだとは思いますが。

さておき。

まずは会場で「マストドンをご存知の方?」と聞いたみたいです。

フォロー

ステッカー好評でめちゃ配りました。結構マストドンがどんなものかの認知度は高かった。100人くらいいた内7割くらい手を上げてたような

多い?少ない?ちょっと分かりませんが。

どんなお姿だったんでしょうね?

ここまでが前置きですね。

さて、本題。

まずは、ロボスタ 中橋 義博さん。

Follow

ロボットについてのメディアをやっている。そこからインスタンスを立ち上げることにした。ロボットの話題をするインスタンス。(中橋)

Follow

FBや鳥と同様取り組みたいと思った。社内のエンジニアの意向もあって2日で立ち上げた。ユーザー400名。Bot/AIの投稿を制限していない(中橋)

Follow

よかったこと。カスタムできるので自社サービスと連携できる(気がしている)。メディア露出の機会が増えた。注目度上がった。(中橋)

Follow

よかったこと。カスタムできるので自社サービスと連携できる(気がしている)。メディア露出の機会が増えた。注目度上がった。(中橋)

Follow

よくなかったこと。自社アカウントのトゥート数が多すぎてユーザーの投稿が目立たない。おもったよりBotがいない。(中橋)

Follow

今後の課題。ユーザーを増やすのがむつかしい。マネタイズ難しい。不適切投稿への対応コスト、ノウハウの不足(中橋)

以上が中橋さんでした。
 
次にファーエンドテクノロジー株式会社 代表取締役の前田 剛さん。

Follow

Redmineのコミュニティサイトとしてのインスタンス。4月17日運用開始。213ユーザー(前田)

Follow

なぜはじめたか。Redmineの普及。公式サポートがないのでユーザー同士の助け合いの場を作りたかった。OSSのツールが広まれば自社利益になる(前田)

Follow

まぜマストドンか。分散・オープン・自由がマッチした。Slack=自由じゃない(企業に依存
IRC=いまどきそれじゃない
などなど(前田)

Follow

感想。ユーザー同士の情報交換が活発になった。TLの品質の維持が大変。職場でみても大丈夫な投稿が流れてくる可能性がある。最終的には1インスタンスごとまるごとブロックした。この一ヶ月は少なくなった(前田)

Follow

マストドンの管理人=場の空気感の管理人。パソ通のシスオペ、バーのマスター。(前田)

Follow

自分の責任で自由にきめて運営できる。自由度の高さが魅力。企業にとってはそこは使いやすい面。(前田)

以上が前田さんでした。

ここからは大阪丼管理人のアラーキーさんのパート。

Follow

役職は代表取締役狐長。本業はゲームエンジニア(アラーキー)

Follow

まずトップページ紹介。派手なたこ焼き食ってるマストドンがいる。もともとマストドンはローカライズが比較的容易なことをいかしている(アラーキー)

Follow

ホーム=ウチ、ファボ=アメちゃんとか(アラーキー)

Follow

大阪丼の歴史。.yokohamaがあってまだ大阪がなかったので15日ごろ作った。徐々に言語ファイルをいじって大阪化した。一ヶ月記念にVR大阪丼も(アラーキー)

Follow

一昨日Interopの読み方を知った。明日と月曜のマストドン会議出る。今1091ユーザー。アクセスUU150−200(アラーキー)

Follow

平均4000/Day。LTLがチャット状態。5月のサーバー代GCPが150ドル。VPSなら半分から三分の一にさげられるかな(アラーキー)

Follow

関西弁推奨なので自然と口語になり、会話調のLTLが形成。(アラーキー)(時間切れ

以上がアラーキーさんでした。

最後に、一言ずつコメントを、ということでしょうか。

Follow

井芹さん。昔は名刺にメルアドを入れようといった(23年前)。今度は分散型、自由を手に入れられるのがマストドン。テクノロジーで自由を獲得するのが面白さ。コストも低コスト、始めることが大事。早くはじめるかどうかが大事j。広告とか儲かるかとかは野暮な質問

Follow

いちばんよかったこと・中橋。
企業の広告効果。ここに出ていること。
前田。Redmineのアクティビティを流すことでモチベーションの維持とユーザー交流できること。ずっとRedmineのことをかいていてもいいのが嬉しい
アラーキー。インターネット上で関西弁を気軽に使える場は少ない。そこに価値を提供できている。

Follow

アラーキー。関西は複数インスタンスに登録する人がおおい。リモートフォローで大規模インスタンスに定住、だけではない

Follow

前田。たまたまマストドンをつかっている。テーマ特化なのでユーザーが増えることには心配していない

Follow

遠藤。会員ほしいところともともと場や地域があるところ、様々。収益もナチュラムみたいにそれまでのビジネスを伸ばす方法としても使える。その多様性がマストドンの魅力

本当にありがとうございました!

スポンサーリンク

セミナー後の感想

フォロー

インターオーピーはニヤッとしてくれた方ちらほら。ややウケ

フォロー

今日きてくれたはった人らはどちらかと言うとインスタンスを立てたりしてビジネスに活かしたい人たちなのかなーという印象。記事になったら増えるかも

Follow

今日一番印象に残っているのは、Redmine前田さんがそのほんわかした印象と違って鯖缶としてはラジカルだったこと


非常に聞きたかった回でした。行けなくて残念でしたが、非常に内容の濃いセミナーだったみたいですね!

明日のマストドン会議3も期待してます。