楽天スーパーセールは12月4日から!エントリーはこちらから

MiniTool Partition Wizardをレビューしてみた

3.5

パソコンに慣れてくると、定期的にパーティション管理が必要な場面に遭遇します。そんなときにパーティション管理ソフトウェアを探してみると、代表格の1つであるMiniTool Partition Wizardに出会います。

しかし「MiniTool Partition Wizard」は一般には認知度が低いため、次の疑問が湧き上がります。

  • これは中国の怪しいソフトウェアでは?
  • ほんとに正しく動くかな?
  • 使うのが難しくないかな?

そこでソフトウェア業界16年を越える筆者が、実際に「MiniTool Partition Wizard」を使ってみた結果を紹介します。この記事を読めば、誤解無く「MiniTool Partition Wizard」を理解でき、恐れることなく利用できます。

希望に添ったパーティション管理をするお役に立ち、一人でも多くの方の不安が解消出切れば幸いです。

総合パーティション管理ソフトウェア「MiniTool Partition Wizard」

MiniTool Partition Wizardミニツール パーティション ウィザードは、MiniTool®Softwareミニツール ソフトウェア Ltd.が提供する「パーティション管理ソフトウェア」です。このMiniTool®Softwareミニツール ソフトウェア Ltd.は、カナダと香港に拠点を持つグローバル企業です。

MiniTool Partition Wizard メインウインドウ
MiniTool Partition Wizard メインウインドウ

怪しい企業の怪しいソフトウェアではない

発売元の MiniTool®Softwareミニツール ソフトウェア Ltd. 社は、北米(カナダ)とアジア(香港)に拠点をもつソフトウェアメーカーです。

北米 カナダ
〒V6B 2Z4ブリティッシュ コロンビア州バンクーバー リチャーズストリート 170-422ユニット
アジア
ホンコン 九龍、尖沙咀、5 Canton Road、ハーバーシティ、海洋中心、8F、820室

MiniToolソフトウェアソリューションについて

Googleマップで調べてみると分かりますが、良い立地に拠点を持つまともなグローバル企業であることが分かります。

実際にソフトウェアを使ってみると分かりますが、ソフトウェア自体には怪しい日本は含まれません。バージョンも執筆時点では12.6となっており、十分に枯れた安定したソフトウェアであることが分かります。

日本語をはじめとする各国語対応ができている点も、MiniTool社が開発するソフトウェアの魅力です。

主な機能

MiniTool Partition Wizardの主な機能は以下です。

  • パーティション変更/管理/検査
  • ディスク変換/複製/検査
  • ダイナミックディスク管理
  • ブータブルメディア作成
  • データ復元
  • ディスクベンチマーク
  • ディスク使用状況分析
  • 商用利用(有償版のみ)
  • 無料アップグレード(有償版のみ)
  • 複数台/Windows Server対応(有償版のみ)

主な機能を列挙しただけも、豊富な機能が実装しています。実装している機能の詳細は、以下のリンク先から確認できます。

>> MiniTool Partition Wizard バージョン別機能一覧

無料版と有償版の違い

MiniTool Partition Wizardの全8エディションのうち、個人ユーザー向けは以下の5種類です。

  • 無料版
  • プロ版
  • プロ・デラックス版
  • プロ・プラチナ版
  • プロ・アルティメット版

各エディションの違いは、以下の表にまとめました。

エディション無料版プロ版プロ・
デラックス版
プロ・
プラチナ版
プロ・
アルティメット版
OSパーティション コピー×
パーティションのType ID変更×
パーティションのシリアル番号変更×
クラスタサイズ変更×
NTFSをFATに変換×
OSディスクをGPTに変換×
OSディスク コピー×
OSをSSD/HDDに移行×
紛失/削除したパーティションを復元××
ダイナミックディスク管理×
Win-PE起動メディア作成×
データ復元×
商用利用×
アップグレードサービス×1年間無料1年間無料1年間無料生涯無料
ライセンス×1ライセンス
1 PC
1ライセンス
1 PC
1ライセンス
3 PC
1ライセンス
5 PC
標準価格
(税込)
無料6,578円12,320円12,617円20,383円
サポートEメールEメールEメールEメールEメール

ちょっとした作業であれば無料版を利用するのが良いでしょう。エディションに関係なく、Eメールでのサポートが受けられますから、操作で困ることはないはずです。

ただし、OS移行などの時間がかかる作業や便利なディスク管理機能といった、本当に必要な機能には有償版が必要になります。また、企業/事業で使用するのであれば、必ず有償版が必要になる点は注意しましょう。

MiniTool Partition Wizardの良かったところ

MiniTool Partition Wizardが処理を実行している最中

筆者はMiniTool Partition Wizard プロ・アルティメット版を使用して、以下の作業をしました。

  • 古くなったノートパソコンの内蔵SSDから、新たに購入したSSDへデータ移行した
  • HDDパーティション(ext4)の結合
  • 外付けSSDの削除したパーティション復元 など

だいたい2週間くらい使い込んだ結果、分かったことは以下の内容です。

豊富な機能で投資が無駄にならない

MiniTool Partition Wizard最大の魅力は機能の豊富さです。まだ見ていない方は、以下のリンクから圧倒的な機能量を確認してください。

>> MiniTool Partition Wizard バージョン別機能一覧

実際にMiniTool Partition Wizard操作画面だけでも、豊富な機能がわかります。

Minitool Partition Wizardで表示されている機能一覧は、左のパレットにあるだけでも豊富。
Minitool Partition Wizardで表示されている機能一覧

これだけの機能があれば、「パーティション操作」や「データ移行」が終わったとしても、日常的に活用できます。例えば、次の機能はその代表です。

  • データ復元
  • ディスクベンチマーク
  • ディスク使用状況分析
  • ファイルスシステムエラー検出と修正
  • サーフェステスト など

「数年に一度しかしないデータ移行のためだけにソフトウェアを購入するのはちょっと…」という人にとって、作業完了後も用途があるのはコスパコストパフォーマンスが良いですよね。これはMiniTool Partition Wizardを活用する/購入する場合のメリットになります。

専用ハードウェア不要

OSデータの移行であれば、以下のような専用ハードウェアを思い浮かべる人も多いかもしれません。

筆者が保有するディスククローン装置
筆者が保有するディスククローン装置

このような装置を購入するには、「ごく希にしかしないデータ移行に専用装置を買うのか?」という葛藤が生まれます。一回完了してしまえば、個人宅では無用の長物になってしまいます。

しかし、Minitool Partition Wizardなどソフトウェアで作業する場合には、接続に必要なケーブルもしくは小型の接続装置だけです。しかも利用できる範囲はデータ移行だけでなく、豊富なディスク/パーティションの管理機能を搭載しています。トラブルの際には、ログ情報から原因を探ることも可能です。

つまり、MiniTool Partition Wizardは総合力の高さが大きな長所です。この総合力には、とても専用ハードウェアは太刀打ちできないと筆者は考えます。

画面がシンプルで使いやすい

MiniTool Partition Wizard 起動後の各パートの名前
MiniTool Partition Wizard 各所の名称

Minitool Partition Wizardは画面レイアウトがわかりやすいのも長所です。初めて使っても、あまり迷うことなく操作が行えます。画面のレイアウトがWindows標準のディスク管理に近いのも一因です。

各操作の用語も独自なものはなく、一般的な用語が扱われています。日本語として不自然な翻訳はありませんので、怪しさを感じることはありません。

日本人がディスク/パーティション管理のために使用するには、特に困ることはないでしょう。

MiniTool Partition Wizardへの投資は無駄にならない

単発で終わりがちな作業の後でも、継続して活用できるのがMiniTool Partition Wizardの大きな特徴です。この特徴を考慮すると、MiniTool Partition Wizardはコストパフォーマンスが良いソフトウエアだと感じました。

直感的でスムーズに使えた点では学習コストも低いです。また、ソフトウェアの動作速度に不満を感じることなく、動作も安定していました。

パーティション管理やデータ移行に課題を抱えている読者の皆様は、下記のボタンからMiniTool Partition Wizardを確認することをお勧めします。

一人でも多くの読者の皆様が、パーティション管理の難題から解放されることを願ってやみません。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。