楽天スーパーセールは12月4日から!エントリーはこちらから

モバイル保険とは?iPhoneユーザーがおすすめポイントを解説

モバイル保険とは?iPhoneユーザーがおすすめポイントを解説
  • モバイル保険ってどんなサービスなの?
  • iPhoneユーザーは入るべき?

モバイル保険」は、スマホや自宅の電子機器で加入できる保険サービスです。主な注目ポイントは以下の3つ。

  • 月額700円で加入できる
  • 最大3端末まで補償される
  • 自己負担0円で利用できる

この記事では、実際にiPhoneでモバイル保険に加入した筆者が、特徴おすすめポイントを解説しています。

最後まで読めば、モバイル保険加入する理由しない理由が明確になるはずです。少しでも加入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

月額700円で年間10万円を保証

リンク先:モバイル保険 公式サイト

この記事を書いた人
  • 現役Webライターディレクター
  • 複数ジャンルのSEO記事を執筆、編集
  • メディアのSEOディレクターを担当
  • 4ヶ月以内に複数の記事で検索上位

[email protected]でライティングやSEOの無料相談も実施しています。

モバイル保険とは?

モバイル保険
運営会社さくら少額短期保険株式会社
月額料金700円(非課税)
支払い方法・クレジットカード
・キャリア決済
・口座振替
※オンライン契約の場合はクレジット払いのみ
保険の種類少額短期保険
クーリングオフ対象外
保険証券電子交付
モバイル保険の概要

モバイル保険」は、さくら少額短期保険株式会社が提供している、電子機器向けの保険サービスです。

スマホゲーム機スマートウォッチなど、幅広い電子機器で加入できることから、徐々に認知が広がっています。

モバイル保険が採用している保険区分は「少額短期保険」。”日常のちょっとしたリスク”に小さい保険料で備えられることが魅力です。

少額短期保険とは?
  • 1年または2年以内の短い期間に適用する保険のこと
  • 保険金の上限は1,000万円以内

参照:少額短期保険業とは|日本少額短期保険協会

ぽかねろ
ぽかねろ

1,000円未満でスマホ破損に備えられるのは嬉しい!

モバイル保険の補償内容

モバイル保険の補償はスマホ / タブレット / ゲーム機 / スマートウォッチ などの電子機器に対応可能!
補償される端末スマホ / タブレット / ゲーム機 / スマートウォッチ などの電子機器
最大端末数3端末まで
補償内容故障」 「外装破損」 「損壊」 「水濡れ」 「盗難」 に対する修理金額を補償。
※修理不能の場合も支払いあり
メイン端末
補償金額
修理ができる場合:最大100,000円
修理ができない / 盗難の場合:最大25,000円
サブ端末
補償金額
修理ができる場合:最大30,000円(2台合計)
修理ができない / 盗難の場合:最大7,500円
免責金額なし
免責期間メイン端末:なし
サブ端末:初回の追加登録時、30日間
モバイル保険の補償内容

モバイル保険では、メイン端末を中心に最大3端末まで補償を受けられます。メインとサブで補償額が異なるため、一番高いものをメイン端末に登録するのがよいでしょう。

実際に筆者がモバイル保険に登録している端末は、以下の通りです。

筆者のモバイル保険への登録端末
登録区分対象端末購入金額
メイン端末iPhone14 Pro (256GB)181,800円
サブ端末Apple Watch Series 879,800円
サブ端末Air Pods Pro 第2世代39,800円
筆者のモバイル保険 登録状況

また、モバイル保険には免責金額がない点も魅力のひとつ。自己負担なしで補償を受けられるのは重要なポイントです。

免責金額・免責期間とは?
  • 免責金額:保険を使う際に自己負担で支払う金額
  • 免責期間:加入してから保険が適用されない期間
ぽかねろ
ぽかねろ

加入者にとって嬉しい内容になっています!

モバイル保険と他社スマホ保険の比較

比較項目モバイル保険AppleCare+
盗難・紛失プラン
安心保証パック with
AppleCare Services
提供元さくら少額短期
保険株式会社
Apple Inc.ソフトバンク株式会社
月額料金700円・iPhone14 Pro:1,600円
・iPhone12~14:1,280円
・iPhoneSE(第3世代):700円
・Proシリーズ:1,600円
・iPhone11~14:1,280円
・その他のiPhone:979円
補償台数3台まで1台1台
補償回数無制限
※年間10万円が上限
無制限1年間に2回まで
申込期限購入から1年間購入から30日間購入時のみ
自己負担額0円・画面交換:3,700円
・本体交換:12,900円
・画面交換:3,700円
・本体交換:12,900円
修理店舗どこでもOK・Apple Store
・正規サービスプロバイダ
・Apple Store
・正規サービスプロバイダ
モバイル保険と他社スマホ保険の比較表

上記は、モバイル保険とほか2社の保険サービスを比較した表です。

どの項目を見ても、モバイル保険の使いやすさが優れていることがわかります。

ぽかねろ
ぽかねろ

破損が心配…でもコスパも大事…

このような悩みを抱えている人は、モバイル保険を選んで間違いないと言えるでしょう。

モバイル保険で推したい4つのおすすめポイント

モバイル保険のおすすめポイントは、月額700円と破格の保険料、購入から1年間まで申し込める、スマホ以外の端末にも適用できる、中古端末でも適用できるの4つ

筆者が「モバイル保険をどうしても推したい!」と感じるに至ったおすすめポイントは、以下の4つです。

1つずつ詳しく見ていきましょう。

ポイント①|月額700円と破格の保険料

モバイル保険の魅力は、何と言ってもその保険料。月額700円で3端末まで補償されるサービスはほかにありません。

3端末で加入した場合、1台あたりの保険料は約233円です。缶コーヒー2本分の料金で破損リスクに備えられることを考えると、いかに破格な金額かわかるでしょう。

また、安価にもかかわらず、トラブル時の自己負担金が0円な点も魅力的です。

ぽかねろ
ぽかねろ

料金を見たときは驚きました!

ポイント②|購入から1年間まで申し込める

加入までの申し込み期間が長いことも、モバイル保険のおすすめポイントです。

モバイル保険他社のスマホ保険
購入から1年以内の加入購入時または1ヶ月以内の加入
加入までの申し込み期間の比較

購入からしばらくして「破損リスクが心配…」と不安になっても大丈夫。バッチリ加入対象とみなされます。

また、購入から1年が経過した後でも、他社の保険から切り替える場合は加入対象です。「スマホの保険料を下げたい!」と考えている方も安心して加入できます。

ポイント③|スマホ以外の端末でも加入できる

モバイル保険にはスマホ以外の端末も登録できます。

モバイル保険に登録できる端末の例
  • iPhone
  • Android端末
  • タブレット
  • ノートパソコン
  • ゲーム機
  • スマートウォッチ
  • 音楽プレイヤー
  • Wi-Fiルーター
  • ワイヤレスヘッドフォン など

基本的に国内で販売されていて、無線通信ができる端末はすべて対象です(Wi-Fi、Bluetoothなど)

ただし、ドローンのように離れたところから操作する端末は対象外なので、注意しましょう。

ぽかねろ
ぽかねろ

壊れやすいものから優先的に選びたいですね!

ポイント④|中古端末でも加入できる

モバイル保険は、以下の条件を満たす中古端末でも加入できます。

中古端末の加入条件
  • 法人が運営している販売店から購入した
  • 3ヶ月以上の販売店保証がついている

SIMフリー端末を中古で購入した人にとっては、大きなメリットとなるでしょう。

ただし、オークションや個人取引の端末は対象外となるため、注意が必要です。

モバイル保険に感じた2つのデメリット

モバイル保険のデメリット

魅力の多いモバイル保険ですが、筆者は2つのデメリットを感じました。

それぞれのデメリットを解説していきます。

デメリット①|支払い方法は「クレジットカード」のみ

モバイル保険にオンライン加入する場合の支払い方法は、クレジットカード一択です。口座振替やデビットカード、キャリア決済は利用できません。

どうしてもほかの支払い方法を利用したい場合は、対面契約できる代理店を利用しましょう。対面契約では、口座振替とキャリア決済が選択できます。

ぽかねろ
ぽかねろ

契約後に支払い方法を変更することはできます!

デメリット②|「紛失」や「バッテリー交換」は補償されない

モバイル保険で補償されるトラブルは以下の5つです。

  • 「故障」
  • 「外装破損」
  • 「損壊」
  • 「水濡れ」
  • 「盗難」

紛失」と「バッテリー交換」は補償の対象に含まれません。無くしやすいイヤホンや、バッテリーが古いiPhoneで契約する場合は、念頭に置いておきましょう。

ぽかねろ
ぽかねろ

壊れる or 盗まれるが条件です!

モバイル保険がおすすめできるのはこんな人!

モバイル保険がおすすめできる人

モバイル保険がおすすめできる人の特徴は、ズバリ以下の3つです!

おすすめできる人おすすめの理由
iPhoneユーザー端末やAppleCare+の料金が高い
自宅に電子機器が多い人月額700円で3台まで補償される
小さい子どもがいる家庭スマホや電子機器の破損リスクが高い
モバイル保険がおすすめできる人の特徴

中でも、iPhoneユーザーには大変おすすめです。iPhoneの価格は高騰しており、修理費用も非常に高額。保険に加入していないと、予期せぬ出費が発生することも。

当てはまる!」と感じたら、ぜひ加入を検討してみてください。

ぽかねろ
ぽかねろ

僕はiPhone14 Proで加入しています!

iPhone修理費用を年10万円保証

リンク先:モバイル保険 公式サイト

モバイル保険の加入手順

ここからは、実際にモバイル保険へ加入する手順を画像付きで紹介していきます。

今回筆者が加入した端末は「iPhone14 Pro」です。

筆者がモバイル保険に加入した「iPhone14 Pro」

5つの手順に分けて解説するので、ぜひ参考にしながら進めてみてください。

モバイル保険の登録ページはこちら

手順①|重要事項説明書の確認とメールアドレス入力

モバイル保険の重要事項説明画面
重要事項説明画面(2022年10月8日時点)

登録ページへアクセス後、まずは「重要事項説明書」を確認します。契約における重要事項が記載されているので、しっかり目を通しておきましょう。

内容が確認できたら、メールアドレスを入力して送信します。

モバイル保険のメールアドレス登録画面
メールアドレス登録画面(2022年10月8日時点)

入力したアドレス宛に確認メールが届くので、記載された4ケタのコードを入力しましょう。

実際に受信した確認メール
実際の確認メール2022年9月21日時点)

コード入力後、次の手順に進みます。

手順②|契約者情報、端末情報の入力

次の画面では、契約者情報端末情報を入力します。入力が必要な情報は次の通りです。

契約者情報
  • 氏名 / フリガナ
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • メールアドレス(自動入力)
  • 携帯電話番号
端末情報
  • メーカー
  • 機種
  • キャリア
  • 容量
  • シリアル番号 または IMEI
  • 購入日
  • 購入金額

副端末を追加する場合は、同じ手順で情報を入力します。また、スマホ、タブレット以外を登録する際は、「製品種類」や「製品名」の入力が必要です。

入力が終了したら、次の手順へ進みましょう。

手順③|端末の写真をアップロード

この手順では、入力した端末の写真をアップロードしていきます。撮影は以下の画像を参考に行いましょう。

端末の写真の撮影例
端末の撮影例(2022年10月8日時点)

必要な写真は「正面」、「背面」の2枚。筆者が撮影した画像を添付するので、撮影の参考にしてみてください。

筆者が登録したiPhone14 Proの裏表

写真をアップロード後、端末の状態を確認する質問に回答して、次の手順へ進みます。

手順④|カード情報を入力

モバイル保険のクレジットカード登録画面
クレジットカード登録画面(2022年10月8日時点)

次の画面では、クレジットカード情報を入力していきます。入力後、次の手順へ進みましょう。

ぽかねろ
ぽかねろ

デビットカードは使えないので注意!

手順⑤|保証書をアップロード

ここまでの手順で、一旦モバイル保険の申し込みは完了します。補足資料として保証書のアップロードが求められるので、同時に済ませておくのがおすすめです。

「保証書」として利用できる書類は以下の3点。

書類詳細
保証書メーカーや販売店から発行されたもの
購入証明書・購入時に受け取った領収書やレシート
・販売店から受け取った契約書の控え
修理報告書メーカーや修理店の修理レポート
モバイル保険に提出する保証書

登録した端末ごとに、指定の書類をアップロードしましょう。

ぽかねろ
ぽかねろ

事前に準備しておくとスムーズです!

審査完了で補償がスタート

モバイル保険の申し込み完了画面
申し込み完了画面(2022年10月8日時点)

以上でモバイル保険の申し込みは完了です。審査が終わり次第、端末の補償がスタートします。

ぽかねろ
ぽかねろ

僕の場合、審査は1日で完了しました!

まとめ|モバイル保険はiPhoneユーザーに最適!

モバイル保険の保証内容はiPhoneユーザーに最適!

当記事では、モバイル保険特徴おすすめポイントデメリットについて紹介してきました。

モバイル保険は月額700円で”安心”を買えるサービス。世のデジタル化が進む中で、どんどん拡大が予測されるサービスです。

以下の特徴に該当する方は、ぜひ加入を検討してみてください。

  • iPhoneユーザー
  • Apple製品ユーザー
  • 電子機器をたくさん所有している
  • 高額なスマホを使っている
  • 自宅に小さい子どもがいる

予期せぬトラブルに備えて、万全の状態を整えておきましょう。

月額700円で年間10万円を保証!

リンク先:モバイル保険 公式サイト