省電力&静音の動画編集PCを Ryzen 7 で組んだ話【2020年】

スポンサーリンク

2020年、コロナウィルス騒動に伴って在宅勤務が続いていますね。

我が家の自宅PCの稼働する機会が増えて、性能不足が露呈してきました。

そこで2020年6月に自宅のデスクトップパソコンを、自作パソコンに買い換えました。

自分のための記録に近いですが、これから自作PCを作る方にも何らか参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

自作パソコンを2020年に組むに至った理由

自宅でパソコンを使う機会は、昨年までそんなに多い時間ではありませんでした。

殆どは記事の執筆など、このブログに関する作業がほとんどで、パソコンのパフォーマンス不足が気になることは多くありませんでした。

しかし、コロナウィルス騒動が始まって一変しました。

会社から持ち帰ったパソコン(業務端末)で仕事を行う点はかわりませんが、音楽やYouTubeなどを流して気分転換しながら仕事をする時間がかなり増えました。あるいは、ブラウジングでの情報収集は自宅PCで行うことによって、業務端末のパフォーマンス不足を補うこともしばしば行うようになりました。

また、自宅の時間が増えるにつれて、スキマ時間が私用に使える機会も増えるわけです。

そこで、このブログの記事を書いたり、写真/RAW画像をレタッチしたり、動画を編集したり、仮想環境を作っていろんなソフトウェアを検証してみたりする機会がドンドン増えてきました。

そうなると、それなりに高スペックのパソコンが必要になることは自明です。

また、世間ではAMD社の Ryzen 7 が大流行していましたよね。

この Ryzen 7 のコストパフォーマンスの良さに目をつけまして、このCPUを軸に自作パソコンを組むことにしました。

スポンサーリンク

自作パソコンのコンセプト

検討ポイント

今回、自作パソコンを組むに当たって、3つのコンセプトを決めました。

  1. 自宅環境に優しい「静音省電力
  2. 動画編集がサクサクできること
  3. 3台以上のゲストOSがサクサク動くこと

これは優先度順になっていまして、コンセプト1は特に重要です。

我が家には乳児がいますし、オンライン会議を頻繁に行う作業部屋に配置しますので静音は絶対条件です。

その上、四六時中 3Dプリンタが動いていながら、オンライン会議をやっていますので、停電することがなるたけないようにする必要があります。また、検証作業で24時間稼働させることだって多々ありえますから、電気代も気になります。

そんなわけで、高パフォーマンスと静音省電力のバランスがとれた自作パソコンが作れる必要がありました。

ただ、高額なパーツで組めば良い!というわけではないのが、なかなか難しかったところです。

スポンサーリンク

自作パソコンを組んでみた

先に紹介したコンセプトにしたがって、実際にパーツを選んでパソコンを組みました。

出来上がった自作PC

拡張性を重視して、フルサイズのケースとマザーボードを選んだため、結構大きなサイズとなりました。正面だとこんな感じ。

いつもの匠メインデスクトップパソコン 2020は以外にコンパクトだけど背が高い
いつもの匠メインデスクトップパソコン 2020

横から見るとこんな感じ。

いつもの匠メインデスクトップパソコン 2020の側面から見たらデカい
いつもの匠メインデスクトップパソコン 2020の側面

また、ピカピカ光らせる気もなく、地味で質実剛健さが逆に良い感じでした。

スペックは次の通りです。

マザーボードMEG X570 UNIFY
CPURyzen 7 3700X
メインメモリDDR4 3200Mhz(PC4-25600) 64GB
ディスクSN750 2TB NVMe
ケースミドルタワー ATX対応
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 1650 4GB GDDR6 
光学ドライブブルーレイドライブ 1機
電源650W ATX電源

なお、メモリは最初32GBで構成しましたが、Amazonセールで安くなっていた32GBメモリをさらに足しました。スロットが空いてたんだから仕方ない。

構成パーツ

具体的には、下記のパーツを購入して組み立てました。

PCケース

冷却性能が良い、ATXマザーボードが使える、コスパが良い、という3点で選びました。

側面が透明なのはいらないなーと思いましたが、異常がある場合にパッとランプが確認できて便利ですね。

マザーボード

MSI MEG X570 UNIFY マザーボード [AMD X570チップセット搭載] MB4869
MSI
¥42,800(2020/10/27 08:10時点)
MB4869 日本正規代理店品 保証1年

Ryzen 7が使えること、長く使えるように最新であること、Wi-Fi 6対応を基準に選びました。

ちょっと高すぎるかな…という気持ちもありましたし、初期不良で交換にもなりましたが、結果的には非常に安定していて正解だなと感じます。

また、このマザーボードはNVMeのヒートシンクが標準装備でした。それをヒートシンク付きM.2 SSDドライブを買ってから、ようやく気づきました。

そこは今回のパーツ選びにおける、匠の失敗の一つでした(汗

CPU

今回のパーツ選びの基軸になったCPUです。

最上位パーツではありませんが、Ryzen 7中で最高のコストパフォーマンスを誇り、TDPがシリーズで最低の65Wなのが決め手でした。

実際のところ、8コア16スレッドで3.6GHzもあれば、そうそう困ることはありません。

メインメモリ

32GBメモリでヒートシンク付き、かつ最高速のメモリを選択したつもりです。

ただ、後述しましたが、3ヶ月後には劇的にメモリの値段が下がってしまったので、タイミング的には最悪だった気がしますが…

内蔵SSD (NVMe M.2)

通常使いで最も高速性を体感できるモデルを選択したつもりです。

マザーボードに標準装備だったので、ヒートシンク搭載モデルである必要はありませんでしたが、体感速度は抜群だと感じています。

電源ボックス

消費電力と静音性を優先して選びました。

CPUの消費電力が低いのもあり、これくらいでもオーバースペックかなと思うくらいです。

プラグイン式を選べば良かったかなと最初は思いましたが、旧PCで使っていたHDD 3本をバックアップ用に再利用して接続したりして、結局はフルフル使っているので結果オーライですね。

フルフル使っていますが、電源としてはかなり安定していて、なおかつ音が静かです。

グラフィックボード

ZOTAC GeForce GTX 1650 OC グラフィックスボード ZT-T16520F-10L VD7269
ZOTAC
¥16,600(2020/10/27 08:10時点)
VD7269 日本正規代理店品 保証1年

ゲームをあまりしないのですが、今回は動画編集も要件にいれていたので少しは性能が必要でした。

そのため、極力低いTDP かつ 高コスパそれなりの性能が必要ということで選びました。

正直言うとRTX系が欲しいところではありますが、RTX voice も裏技で使えるので十分だと感じています。

同レベルのTDPのRTX系ビデオカードが出たら、そちらに買い替えるかなとは思いますが。

光学ドライブ

Logitec HLDS製 内蔵ブルーレイドライブ 1年保証付き LBD-BH16NS58BK
ロジテックダイレクト
¥9,768(2020/10/27 08:10時点)
信頼性の高いHLDS製内蔵ブルーレイドライブ

こちらは単純にブルーレイでライブDVDを見たくて購入しました。

使用頻度を考えると、ブルーレイドライブは外付けにして、マルチメディアドライブにしても良かったかなとは思います。


組み立て後、状況を見てさらに下記を追加しました。

CPUクーラー

Ryzenの標準品でも冷却性能は充分ですが、けっこう煩いなという印象でした。

そこで、より静音化できるファンが必要と言うことで購入しました。

安さの割に静音性能が高かったので満足です。光らないのもGoodポイント。

追加メモリ

先に書いたように、自作PCパーツを集めた3ヶ月後にメモリの値段が急激に下がってしまい、元のメモリの値段の半分で下記が購入できてしまいました。

メモリがここまで必要か?と思ったのですが、増設してみるとメモリがボトルネックになる機会が0になって快適になりました!

トータルで見ると善し悪し有りますが、結果として5~8年は使えそうなスペックになりました。

性能はどう変わるか?

以前購入したデスクトップPCは ThinkCentre M93z でした。

旧メインデスクトップはThinkCentre M93zでした。一体型の割に高スペックで重宝していました。
旧メインデスクトップ: ThinkCentre M93z

メモリ16GB、SSD1TBに換装していたので、そこまで悪い性能ではありませんでした。

しかし、今回は大金をはたいて自作しなおしていますから、それなりにパフォーマンスを見せてくれないと困る!と思ったりしてました。

実際には、かなりOSやアプリケーションの起動などの動作がキビキビするようになったと感じています。

ただ、客観的にわかる指標が欲しいよね、と言うことでベンチマークを行いました。

ベンチマーク結果は?

Cinebench

まずは皆大好きCinebenchで計測してみました。

旧メインデスクトップのCinebench結果。旧世代のCore i7の性能不足が明らかに
旧メインデスクトップのCinebench結果
新メインデスクトップのCinebench結果。Ryzen 7の性能はさすがに速いです!
300新メインデスクトップのCinebench結果

ご覧いただくと分かる通り、5~6倍の性能値を示しています。

コア数も大幅にアップしている上に、TDPも84Wから65Wに下がっているので、アップグレードに大成功!という結果と言えます。

CrystalDiskMark

次にディスク単体でのベンチマークには CrystalDiskでの結果はコチラ。

リプレイス前:ThinkCentre M93z - CrystalDiskMark
旧メインデスクトップのCrystalDiskMark結果
NewDesktop-crystaldiskmark
新メインデスクトップのCrystalDiskMark結果

ディスク単体で見ると意外な結果です。

書き込みは旧デスクトップのSSDの方がほとんど高い性能を示しています。

しかし、読み込みは圧倒的にNVMe M.2を使用した新デスクトップの方が高い値をしています。

この辺はタイミング問題もあるかもしれないので一概には言えませんが、使用方法によってはSSDドライブの方が良いのかも知れませんね。

動画変換

最後に使用していた動画編集ソフトウェア(PowerDirector)での動画出力時間を比べてみました。

旧メインデスクトップの動画出力には約30分かかりました。
旧メインデスクトップの動画出力
新メインデスクトップの動画出力には約12分かかりました。
新メインデスクトップの動画出力

同じ動画編集ファイルで、同じ条件の出力で三分の一に近い処理時間で完了できました。

つまり、約3倍の性能アップを確認することができたわけです。

動画の出力は非常に時間のかかる処理ですから、作業効率に直結します。

そのため、ここが大きく改善できたのは大満足なところですね!

体感は?

かなりサクサク動作するようにになりました。

これは何かと表現が難しいところですから、いくつかサクサク感が分かる例を提供したいと思います

OSやアプリケーションの起動で待つ事はなく、すぐに起動することができます。

ログオン直後のスタートアップにアプリケーションを大量登録していますが、だいたい1分以内に落ち着くのは有り難いところです。

なにより、常時20タブ以上をブラウザで開いていることが多いのですが、パフォーマンス劣化を引き起こすことなく問題なく使えています。例えば、こんな感じで同時起動挿せていますが、常に違和感無く高速動作できます。

  • Microsoft Edge (20タブ以上、3ウインドウ程度)
  • Vivaldi(ブログ操作)
  • Gimp(画像レタッチ)
  • eM Client(メーラー)
  • VoiceMeeter(ソフトウェアミキサー)
  • Station(TweetDeck&Slack閲覧)
  • TheDesk(Mastodon閲覧)
  • VLC(YouTube動画閲覧)
  • PowerDirector(動画編集) など

リソース不足で何か異常終了したり、ということがまずありません。

期待通りに安定動作を実現して、高い作業効率に貢献してくれています。

電気代はどうなる?

一般家庭における消費電力はバカになりません。

そこで、手持ちのワットモニターで計測してみました。

サンワサプライ ワットモニター TAP-TST8N
サンワサプライ
¥2,173(2020/10/27 08:10時点)
積算電力料金や積算電力量等、5種類の測定ができる検電器

環境再構築してブンブン回していた期間を含めた2週間程度なので、ちょっと多めだと解釈してください。

新デスクトップの消費電力と実際の費用です。
平均消費電力10.83kWh
電力料金(想定)41.12円/日(約1,250円/月)
※月額=日額×365日÷12ヶ月で計算しました

毎日PCを起動すればという費用計算なので実際は…と言いたいところですが、このコロナ禍で毎日パソコンを使用しています。

そんなわけで、自宅の電気代の5~10%くらいはデスクトップパソコンが使用している状態と言うことがわかりました。

これがもっと消費電力の多いパーツだとしたら…ゾッとしますね(汗

自作PCで楽しく効率アップ!

今回、7年ぶりにデスクトップパソコンを買い換えました。

また、かなり久々に自作PCを組んだわけですが、パーツ選びから組み立てまで、非常に楽しく取り組むことができました。

自作PCに買い換えた結果、その動作は非常に安定して良好に利用できています。また、動画編集やHyper-Vを使った検証作業などでパワー不足を感じることはありません。

今なら性能の良いパーツがかなり値下がりしていますし、またコロナウィルスの関係で自宅作業をする機会も増えているでしょうから、そちらにも貢献してくれることでしょう。

もし今、自宅PCを買い替えようと思っている方は、ぜひ自作PCを組むことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました