犯罪報道における実名報道のメリット・デメリット

この記事は約 1 分で読めます。

どうも、匠です。

こちらの記事を見て、かなり腹が立ちました。

「被害者の実名」なぜ報じるのか - Yahoo!ニュース
社会を震撼させる大事件が起こるたび、被害者を実名で報道することの是非が議論が起こるようになった。実名報道がわれわれの社会にもたらす公益とは何なのかを考える。

マスコミの「ジャーナリズム」という自己満足は、ホントに身勝手で厄介ですね。

結局、自らが大きなメリットを享受せんがために、色んな分厚いオブラートに包んでキレイにしようとする姿がほんとに嫌です。

被害を拡大させる役割を担っておいて、何が5W1Hだか。。。

そんな状況を詳らかにするために、犯罪報道における実名報道のメリット・デメリットをまとめてみました。

スポンサーリンク

被疑者の実名報道まとめ

被疑者は遠慮無く実名報道されます。本当のことを言えば、刑が確定するまでは犯罪者ではないので、実名報道して良いとは思えませんけどね。

ロールメリットデメリット
マスコミ・媒体が売れる
・自己満足
(ジャーナリズム?報道の原則?)
わずかなクレーム(ライターや編集部は炎上するとラッキー、困るのはCSだけ)
被疑者なし・報道を通じた報復を受ける
・社会復帰が難しくなる
被疑者関係者なし
・報道攻撃を受けやすくなる
・風評被害/ヘイト
・セカンドレイプ
被害者報道を通じた報復ができるなし
被害者関係者・報道を通じた報復ができる
・報復すべき相手が分かる
なし
(報復行動を促される?)
視聴者・インターネット・再発予防へ関心が持てる
・好奇心を満たせる
明日は我が身...
スポンサーリンク

被害者の実名報道まとめ

被害者および被害者関係者のメリットが分かりづらいですが、数少ない意見も含めてまとめてみました。

ロールメリットデメリット
マスコミ・媒体が売れる
・自己満足(ジャーナリズム?報道の原則?)
わずかなクレーム(ライターや編集部は炎上するとラッキー、困るのはCSだけ)
被疑者なしなし
被疑者関係者・謝罪相手が分かる
・さらに被害者や被害者関係者に
 被害を及ぼすことも可能
なし
被害者事件が記号化しない(自己満足)・風評被害/ヘイト
・セカンドレイプ
被害者関係者事件が記号化しない(自己満足)・風評被害/ヘイト
・セカンドレイプ
視聴者・インターネット好奇心を満たせる明日は我が身...

マスコミは被害者および被害者関係者のメリットを一緒懸命編み出して、報道しようとするんですよね。。。

スポンサーリンク

おわりに

デメリットの薄い立場であるからこそ、マスコミは好き勝手書けるんですよね。

被害者の実名報道をしときながら、報道する記者は匿名なんて卑怯な記事を見かけると、売るためにはなんでもするんだな、マスコミは、と感じるわけです。

色んな大義名分を掲げても、結局は報道して得られる「お金」と「名誉」ですよね。

そういう卑しい部分を認めて、むしろ開き直るくらいの週刊誌の方がまだマシだと思うこともしばしば。。。