Amazonブラックフライデーセール開催中! 最大10,000ポイント還元も同時開催

フィラメントドライヤー「SUNLU FilaDryer S2」レビュー!吸湿にまつわる悩みを完全解決できる最強の実力とは?

高温多湿が当たり前の日本は、FFF方式3Dプリンターのフィラメント(材料)にとって非常に厳しい環境です。

いつもの匠
いつもの匠
  • 3Dプリンターの造形物の糸引きが多い
  • 湿気を吸ったフィラメントの対処に困る
  • フィラメントを乾かすのに手間がかかる

こんな悩みを抱える筆者たち3Dプリンタユーザーを救うのが、フィラメント乾燥機「SUNLU FilaDryer S2(以下、FilaDryer S2)」です。フィラメントを温めて乾かす、2022年8月 日本発売した商品です。

2022年7月、筆者はサンステラ社より商品提供を受けました。それから3ヶ月以上もの間、毎日のように使い込みました。

SUNLU FilaDryer S2 パッケージ 正面。黒い背景に製品が斜め立ちするイメージ。
筆者宅に届いたSUNLU FilaDryer S2 パッケージ

この記事では、筆者がFilaDryer S2を使い込んだ結果から分かった、正直な感想を紹介します。(今どき忖度無しは当たり前ですが)

この記事を読んだ皆様が、FilaDryer S2もしくはフィラメント乾燥機の検討の一助になれば幸いです。

この記事では「SUNLU FilaDryer S2」を「FilaDryer S2」と省略します。

SUNLU FilaDryer S2 概要

SUNLU社は、3Dプリンターのフィラメントや周辺機器に特化した専門メーカーです。発展めざましい中国メーカーの中で、SUNLU社は中国・珠海に設立され、年間4200トン以上の3Dプリンターフィラメントを世界中に出荷する世界的メーカーです。詳しい説明はこちらの「メーカー SUNLU社について」をご覧ください。

株式会社サンステラが日本での独占販売権を得ました。その結果、2022年8月よりSUNLU社のフィラメント乾燥機「FilaDryer S2」が販売開始された経緯です。

なお、株式会社サンステラはPolymaker製フィラメントやCreality製3Dプリンタを扱う、3Dプリンター関連製品の総合商社です。筆者もフィラメント購入などで度々お世話になっています。

>> サンステラ 3Dモールはこちら

主な特徴

FilaDryer S2の主な特徴は以下です。

  • 360°からフィラメントを最大70℃で加熱できる
  • 乾燥時間を細かく設定できる
  • 6.4インチ タッチパネルで簡単に操作できる
  • PLA/PETG/TPU/ABS/PVA/PVB/PA/PC対応、パラメータを自動設定できる
  • 乾燥しながら3Dプリンタ出力できる
  • 電気用品安全法(PSE)認証取得済み
いつもの匠
いつもの匠

フィラメント乾燥機に欲しい機能は全て詰まってるね

旧モデル「SUNLU FilaDryer S1」の販売経験を経て、必要な機能はすべて詰め込んだハイスペック機になっています。

外観とスペック

SUNLU FilaDryer S2 サイズは、高さ 265mm、幅 274mm、奥行き 118mmです。
製品サイズ高さ 265mm x 幅 274mm x 奥行き 118mm
最大容量210 x 86(H)mm (1000g巻 x 1巻)
重量1190g (電源アダプター含む)
作業想定環境環境温度: 20℃~35℃
相対湿度: ≦90
温度35℃~70℃
電源アダプタ仕様入力: AC100V~240V、50/60Hz
出力: DC:24V±1.2、2A
スタンバイ電力0.05W
最大電流1.9A
最大動作電力48W
液晶ディスプレイ6.4インチ液晶ディスプレイ
対応フィラメント直径1.75mm / 2.85mm
SUNLU FilaDryerBox S2 スペック表
(引用: FilaDryerBoxS2 | GREENFUNDING
いつもの匠
いつもの匠

フィラメント1巻(1Kg)の1.5倍くらいのサイズだね

筆者が使っているカラーはブラックですが、ホワイトもありますね。

いつもの匠
いつもの匠

個人的には汚れやほこりが目立ちにくいブラックが好きかな。

詳しくは下記で確認してください。

SUNLU FilaDryer S2でフィラメントを乾かす

SUNLU FilaDryer S2を筆者が3ヶ月に渡って、実際に使ってみた結果を紹介します。

操作がカンタン

FilaDryer S2の特徴の1つは操作の簡単さにある、そう筆者は感じました。

まずはFilaDryer S2の蓋を開いて、以下のように吸湿したフィラメントを収めます。特にロック機構があるわけではないので、迷うことはありません。

SUNLU Fila Dryer S2の蓋を開いて、吸湿したフィラメントを収めた状態。まず迷わない。
FilaDryer S2に吸湿したフィラメントを収めた状態

次に蓋を閉めて、背面の穴にACアダプタを接続すれば機材側は準備完了です。あとはACアダプタをコンセントに繋げば使い始められます。

Fila Dryer S2 背面はACアダプタ端子以外には特徴がない作り。
FilaDryer S2 背面のACアダプタ端子

正面がタッチパネルになっていて、パネル右下の「ON/OFF」アイコンをダブルタップすると起動できます。

Fila Dryer S2 正面のタッチパネルは、操作アイコンが4つしかない簡単な作り。直感的に操作できる。
FilaDryer S2 正面のタッチパネル

下側にある4つのアイコンを操作して、「PV(設定温度)」と「Time(乾燥時間)」を調整します。このとき、個別に設定せずに「Material(素材)」を指定することで、自動的に設定温度を調整することも可能です。選べる素材は PLA/PETG/TPU/ABS/PVA/PVB/PA/PC の8種類。よく使われる素材は網羅されていますね。

いつもの匠
いつもの匠

素材を指定すれば良いだけだから簡単だね

設定が完了したら、「ON/OFF」アイコンをダブルタップすれば乾燥を開始します。

Fila Dryer S2の稼働中はLEDランプが点灯するため、動作がわかりやすい
FilaDryer S2 稼働中のLEDランプ

稼働中はLEDランプが点灯するため、停止している状態と区別が付きやすくなっています。

FilaDryer S2稼働中の動作音は、以下の動画で確認してください。

動画でご覧の通り、60℃の乾燥ならほぼ無音です。これなら自宅で頻繁に使用しても、家族にうるさがられることはなく安心して利用できます。

いつもの匠
いつもの匠

これで妻に怒られなくてすむよっ!(切実)

あとは乾燥完了するまで待つだけです。これまでの操作で迷うことは少なく、説明書を見なくてもある程度使いこなせるレベルでした。

高い乾燥能力

FilaDryer S2 最大の特徴は、その高い乾燥性能にあります。

Fila Dryer S2の360℃ヒート機構は特許技術
FilaDryer S2の360℃ヒート機構
  • 印刷時・特許技術の 360°一周全体で加熱するヒーティングプレートを採用した
  • 加熱効率が30%向上できる
  • 短時間でムラなく均一に造形できる
  • 吸湿したフィラメントを造形する際のリードタイムを大幅削減できる

従来のフィラメント乾燥機は、AmazonなどのレビューやTwtterでのツイートを見る限り、乾燥性能がイマイチという印象でした。しかし、このFilaDryer S2の乾燥性能は、筆者からは文句をつけるところがないくらい十分なものだと感じました。

この乾燥性能の検証ができ次第、改めて記事に追記する予定です。

乾燥しながら出力する

FilaDryer S2の特徴の1つに、乾燥しながら出力も可能です。その秘密はFilaDryer S2の構造にあります。

FilaDryer S2を開けると、以下のように2本の棒が設置されています。

Fila Dryer S2の内部構造として、2本の棒ベアリングが備えていることです。
FilaDryer S2の内部構造

この2本の棒の上にフィラメントリールが乗って、FilaDryer S2内で回転することができます。フィラメントの先は用意された穴から出して、そのまま3Dプリンタで出力できます。

ボーデン式(エクストルーダーにPTFEチューブ経由でフィラメントを供給する形式)であれば、以下のようなにPTFEチューブを挿して利用可能です。

FilaDryer S2で乾燥させながら出力する様子
FilaDryer S2で乾燥させながら出力する様子

実際にはFilaDryer S2からダイレクト式3Dプリンタにフィラメントを直接送って使えます。筆者の保有するPrusa i3 MK3Sはダイレクト式ですが、FilaDryer S2から直接フィラメントを中から出して、利用することもできました。ただ、その場合にも短くて良いのでPTFEチューブを挿した方が安心ですけどね。

乾燥させながら安定した出力をしたい人の要望にも応えられる仕様になっています。梅雨など湿気の高い時期に、PVB や TPU などの吸湿が早そうなフィラメントを使うなら良いですね。

いつもの匠
いつもの匠

この形状だと穴のないフィラメントリールでも使えるのが良いね

SUNLU FilaDryer S2で乾燥させた効果

★青い船で試した結果を見せる(1年もの)

★赤いPVBの失敗(給水させる)

SUNLU FilaDryer S2の気になる残念ポイント

FilaDryer S2を使用してみて、筆者が気になったのは以下の4点です。

  • 乾燥完了が分からない。ビープ音が鳴ると良い(スマホへの通知だと更に良い)
  • ACアダプタが一体化した機構の方が良かった(取り外せる意味は少ない)
  • ACアダプタ一体型/電源ケーブルが収納できると更に良い
  • 機密性はない(保管用途には向かない)

3Dプリンタ関連の機材はちょっとした使い勝手を犠牲にしがちです。しかし、一般家庭での利用を広げていくのであれば、ちょっとした使い勝手も考慮してくれると、もっと購入する人の裾野が広がりますよね。

いつもの匠
いつもの匠

「生活家電ではなく精密機械」という免罪符で、3Dプリンタメーカーはサポートしてくれないことがあるから困るよね

次世代モデルでの改善を期待しています。

ちなみに、筆者が日常的に使用する限りは不都合は感じませんでした。細かい温度の差でおかしくなったり、フィラメントリールが溶けて使えなくなったりするような、致命的な問題は発生していません。極端な使い方をするのであれば注意が必要ですが、メーカーの推奨する使い方の範囲で、普通に使うならまったく問題が起こらないので安心してください。

SUNLU FilaDryer S2で安定して出力できるようになる

FilaDryer S2があれば、手軽にフィラメントを乾燥できます。つまり、FilaDryer S2が吸湿問題を解決して、3Dプリンタ出力を安定させられるわけです。

この記事を読んで、FilaDryer S2を購入したいと感じた3Dプリンタユーザーは以下からサンステラモールで購入すると良いでしょう。

この記事が3Dプリンタユーザーの吸湿問題を解消し、楽しい3Dプリンタライフのお役に立てることを願ってやみません。

最後まで読んでいただきまして、誠にありがとうござました。