英語が苦手なエンジニアが無料サービス「ENGLISH ACADEMIA」を受講してみた(7)

スポンサーリンク

どうも、匠です。

完全に備忘録になりつつあるエントリですが、気にしません。
今回は長文が多いですから、リーディングの練習にも良さそうでした。

スポンサーリンク

ENGLISH ACADEMIA

東京大学が発信する無料のeLearnigサービスです。
ENGLISH ACADEMIA

今回はその7回目を受講してみました。

スポンサーリンク

Module 7: Facilitating Group Discussions

エキゾチックな女性研究者のおねーさんが、授業のアシスタントをするのに苦戦している様子です。その対応についての表現だそうです。

今回はちょっと大学院生や研究者特有の内容かな。。。

テーマ

ディスカッションをリードする

所要時間

30分

受講メモ

  • ディスカッションのコントロール
    • チームを作らせる
    • 役割を与える
    • ディスカッションを始めさせる
    • ディスカションを締めくくる
  • 生徒の問題
    • 能動的に議論・意見表明しない
    • 学習意欲があるように見えない
    • 共同学習を通して知識を伸ばそうとしない
  • 解決策:Active Learning
    • ゴールの確実な理解
    • 生徒の振る舞いを把握
    • 適切な問いかけ
    • 質問しやすい雰囲気づくり
    • 適切に議論の方向を修正する

匠が使いたい表現

  • ディスカッションのリード
    • Let’s make groups of four.
    • Please assign a presenter.
    • We will now begin the group discussion.
  • 議論を盛り上げる
    • Could you make your point briefly?
    • Why don’t you share your opinion with us?
    • So far so good?
    • Now back to the problems.
    • Let add some more points

この場面じゃなくても、使えそうな金言フレーズがたくさんありましたね。会議の中で、議論相手に使っても良さそうです。

スポンサーリンク

実践

いよいよ、ビジネス現場とは離れた内容になってきましたね(汗)

匠が会社で使うことを考えてみましたが、ちょーっと今回のようなケースはなさそうです。だから、今回は割愛します。

それにしても、この講座はテクニックと表現の両側面でキチンと説明してあるので、非常に役に立ちますね。英語はおいておいて、日本人の大学院生がTA(Teaching Assitant)をやるコツとして欲しかったなぁと感じます。
(自分の大学院時代を思い出しながら)

(参考)匠の英語スキル

TOEIC650点(体調依存)
海外旅行経験あり
留学・駐在経験なし
仕事英語を使う必要あり。
誤魔化している。
勉強状態仕事と子育てで多忙な中、勉強時間を捻出中。

(おわり)

タイトルとURLをコピーしました