確定申告を家計簿アプリ「Zaim」でラクにする3つの方法とは?

この記事は約 7 分で読めます。

1月を過ぎると、確定申告の季節がやってきます。

確定申告が必要なサラリーマンには、面倒な作業のオンパレードですが、もう終わりましたでしょうか?

かくいう匠も、確定申告をし続けて10年になります。

そんな確定申告のベテランになってしまった匠ですが、最近は家計簿アプリ「Zaim」を活用しています。

この記事では、確定申告を家計簿アプリ「Zaim」でラクにする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Zaimが自動で確定申告をしてくれる?

まず超有名な家計簿アプリのこちらはご存知ですよね?

家計簿Zaim
家計簿Zaim
Developer: Zaim Inc.
Price: Free+

ご存知ない方はこれを機に使いましょう。

Zaimが自動で確定申告してくれる!

・・・

そんなわけはありません。

Zaim 自体には、確定申告を代行する機能はないです。残念。

しかし、家計簿アプリ「Zaim」は重要な特徴があります。

Zaim は 家計の収支記録のデータベース

すべて自動で代行してくれるところまでは期待できない一方、確定申告の作業負担を削減できるのは間違いありません。

スポンサーリンク

Zaim が確定申告の手間を減らすのは?

Zaimが確定申告の手間を減らせるのは以下の点です。

  • 医療費控除の集計と申告
  • 寄附金控除の集計
  • 給与以外の所得の集計

一般サラリーマンであれば、おそらく確定申告の大部分の負担部分です。

もちろん、適切に入力していた人がその恩恵を大いに受けられます。

加えて、関連する入力だけをしたとしても、ある程度は恩恵が受けられるつくりになっています。

スポンサーリンク

Zaimが医療費控除の申請をラクにする

Zaim ユーザーが一番恩恵を受けるのはこちら。

医療費控除

申請する人次第では、たくさんの領収書とにらめっこしなくてはいけない大変な項目です。

かくいう匠も、定期的に通院してたりするので、年によっては100枚近い領収書の山と格闘する過酷な作業を経験していました。

しかも、2017年分からはセルフメディケーション税制も導入されたので、対象となる人も増えたはずです。

それと同時に、作業の手間も大いに増えたはず。

そこで Zaim では、これら医療費控除の申請について、それまでに入力した内容を 確定申告専用フォームに出力 してくれる機能があります。

わざわざ転記する手間が省略できるわけです。

もちろん入力した内容に色々ありがちなので、一発で完璧!ということは無いのですが、申請書のたたき台としての使い勝手は良いです!

この便利な機能を、きっちり活用しない手はありません。

スマートフォンやタブレットでも使えなくはないです。しかし、e-Tax の使い勝手も考慮すると、パソコンからWeb ブラウザで使用した方が無難です。

Zaimから医療費控除の申請手順

まずはZaimへログインします。

自分のZaimアカウントでログインしたあと、上部のメニューから「お金の便利帳」を選択します。

画像01:Zaimを使って確定申告や医療費控除を楽にする方法

「お金の便利帳」画面から「わたしの医療費控除」リンクを選択します。

画像02:Zaimを使って確定申告や医療費控除を楽にする方法

「わたしの医療費」画面での「2018年の医療費をチェック」ボタンを押します。ここで間違えて「2019年の医療費をチェック」を押さないように。

画像03_2:Zaimを使って確定申告や医療費控除を楽にする方法

「2018年の医療費診断結果」画面に、(1)入力した医療費の集計と(2)対象となった入力内容が正確に表示されていることを確認します。確認する中で確認と修正すべきことは次の3つ。

  1. 医療費でない入力内容を外す。
  2. 誤った入力内容や正確でない入力内容を確認・修正する
  3. 2017年以前や2019年の入力内容が含まれている場合には外す

これは入力した日で抽出する仕様となっているために起こっているようです。そのうち、修正されるかもしれませんが、確認のつもりで修正しましょう。

画像04:Zaimを使って確定申告や医療費控除を楽にする方法

対象を「医療費控除を申告するための書類」とします。

「セルフメディケーション税制を申告するための書類」を作りたい方は、そちらを選択します。

ただ、この記事では、「医療費控除を申告するための書類」を前提としてお話を進めます。

対象を選択したら「ダウンロード」ボタンを押して、ファイルをダウンロードします。

画像07:Zaimを使って確定申告や医療費控除を楽にする方法

ダウンロードした Excelファイルは保存すると同時に、内容を適切に修正します。

e-Taxの「平成30年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告書作成コーナー」の入力で使います。

平成30年分を実際に入力する画面は下記です。

画像08:Zaimを使って確定申告や医療費控除を楽にする方法

「医療費控除の入力」画面の「医療費控除を適用する」ボタンを押します。

画像10:Zaimを使って確定申告や医療費控除を楽にする方法

「医療費控除の入力」の「入力方法の選択(医療費控除)」画面にて、下記の通りに選択します。

  1. 「入力方法の選択」で「医療費集計フォームを読み込んで、明細書を作成する」を選択します。
  2. 「医療費集計フォームの読み込み」で「ファイルを選択」フォームからExcelファイルを選択します。
  3. 「選択したファイルを読み込む」ボタンを押します。

画像09:Zaimを使って確定申告や医療費控除を楽にする方法

Excelファイルの内容から読み込めたものが一覧表示されます。もし内容を確認した上で、「訂正」や「削除」が必要であれば適宜修正します。ただ、この段階では、元のExcelファイルとの整合性が合わない部分だけの修正になると思います。

画像05:Zaimを使って確定申告や医療費控除を楽にする方法

「医療費控除の入力」の「医療費集計フォーム読込結果」画面にて、「読み込み件数」と「正常件数」、「エラー件数」を確認します。一件でも漏らすわけにはいきませんから、エラー件数0(表示は「-」)の状態にする必要があります。

もしエラー件数が表示されるようであれば、必ず「前に戻る」で戻って修正もしくは入れ直すべきです。

そうしなければ、入力した内容が無駄になってしまいます。それは避けるべき事態です。

その後、エラー件数が0にできたら、「次へ進む」ボタンを押します。

画像11:Zaimを使って確定申告や医療費控除を楽にする方法

以上で医療費控除の額が入力されている状態になるはずです。

これで医療費控除の申請(入力)は終了です。

説明にすると長いですが、作業はさほど長くありません。

ポイント

医療費の入力は正確に

これが最も重要です。

セルフメディケーション税制によって、病院の診察だけではなく、今後は医薬品も対象となります。

日付や金額はもちろん、購入場所や購入した明細などをきちんと入れておくだけで、一番めんどくさいExcelファイル作りが楽になります。

Zaimで楽になるのは、このExcelファイル作りだけなんですが、これがとにかく大変だったりします。

なぜかと言えば、ただ入力の補正だけならまだしも、領収書などの証跡資料(証明を示す書類)も確保して、確認しておく必要があるからです。

医療費控除を受けるくらい大量にある場合、Excelファイルの内容とそういった証跡資料の差分チェックをするだけでも、かなり時間がかかります。

これを1から入力して、終わったらチェックして、違ったら修正して、、、とやる作業はかなりの負担です。

こういった負担を軽減してくれるのは、地味ながら Zaim の大きな効果の一つかなと感じます。

スポンサーリンク

Zaimで寄附金控除の申請をラクにする

様々な控除対象をさかのぼって入力するのは、Zaimの履歴をたどるのが非常に便利です。

特に、その恩恵を受けるのはこちら。

寄附金控除

ふるさと納税制度を活用してる人も多いですよね。

確定申告する人は、ワンストップ特例制度を使わずに、申告する必要があるはずですから、集計作業が必要です。

これが10箇所越えると、作業が大変になってきますよね…

このようにふるさと納税制度をたくさん活用している方は、単純に Zaim で履歴を辿るだけで、集計が済んでしまいます。

Zaim のカテゴリで「寄附金」なんかを作って分類しておけば、アッサリ目標が達成できるわけです。

画像20:Zaimを使って確定申告や医療費控除を楽にする方法

もちろん、こんな感じで履歴から支払い有無の見直しは簡単です。証明書との突き合わせはあっという間。Zaimの有償サービスを契約していれば、クレジットカード払いしたときの寄付金は自動入力&自動分類もされるので見逃しもほとんどありません。

画像21:Zaimを使って確定申告や医療費控除を楽にする方法

下記は「所得控除」の中の「寄付金控除」です。こちらに転記するだけ。超簡単です。


画像15:Zaimを使って確定申告や医療費控除を楽にする方法

もちろん入力内容に間違いがないこと、証明書がキチンと揃っていることは確認が必要です。

とはいえ、ゼロから集計を始めるのと、あらかじめ集計が終わっていて検算するだけなのでは、所要時間に雲泥の差が出ます。

ぜひ分類を作って、お試しください。

ちなみに、このように寄付金控除だけに限らず、独自カテゴリで集計する方法は申請項目全てに使えるのでオススメです!

スポンサーリンク

Zaimで給与以外の所得の入力を楽にする

不動産所得、利子所得、配当所得、雑所得についても、Zaimの履歴をたどる方法がやはり便利です。

画像12:Zaimを使って確定申告や医療費控除を楽にする方法

 

特に、数の多い所得の入力を辿るのに便利です。

キチンとカテゴリに分けていれば、Zaim の履歴で収入を辿るだけで、簡単に集計と入力ができます。まぁ、キチンと入力する、というのが一番難しいんですけどね。

ちなみに、匠は他にもFXもやっているので、その決済した収益を Zaim へ入力した分の確認は非常にラクでした。

とはいえ、結局いずれも入力をキチンとしないといけません。また、その内容は再度確認をしないといけないんですけどね。

それでも、ゼロから入力していったり、Excelなど表計算ソフトなどの別の仕組みでまとめていくよりは遥かに楽チンです。

スポンサーリンク

おわりに

Zaim はあくまで家計簿アプリであって、確定申告のためのアプリではありません。

そのため、確定申告でZaimをスムーズに活用するためには、いくつか工夫が必要になるのは仕方のないことです。

もし個人事業主の方で青色申告するために使いたい方がいるのであれば、Zaim とこちらを連携させることができるそうです。


匠のような一般サラリーマンには、ここまで必要はありませんけどね💦

とりあえず、今年もこれで楽勝だー✊

と思ってたら、パスワード間違いの繰り返しで、マイナンバーカードの秘密鍵がロックしてしまいました。。。あえなくe-Tax不能となり、税務署で手続き渋滞に揉まれる結果となりました。無念😭


併せて、コチラの記事もどうぞ。

家計簿アプリ「Zaim」で散財は無くせる!5年使い倒したノウハウを公開する話
家計簿アプリ「Zaim」を散財を撲滅するために、使い方を様々に工夫してきました。この記事では、口コミやアプリの評価/レビューではわからなかった「Zaim」の良いところや悪いところ、使い方のノウハウについて、その経験から詳しく紹介します。
家計簿アプリ「Zaim」で予算管理をする正しい使い方
お金、気分良く使いたい!そのためには、家計簿をつけ、PDCAを回して、適切な予算(上限)を決める「家計簿PDCA」について紹介します